FC2ブログ
虚人のつぶやき
アニメ・漫画・小説などのレビューを中心に自分の好きなものを自分勝手に熱く「語る」ブログ。
プロフィール

虚野 仁

Author:虚野 仁
虚構のことで人生がいっぱいいっぱいな人。「現実」に帰るのはいつの日なのだろう。
上の自画像は暫定版なので、変更ありです。



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



おすすめ品

レビューで取り上げたものとか単に好きなものとか適当に並べてあります。

げんしけん (9) 限定版

げんしけん (9) 限定版

げんしけん 8 (8)

げんしけん 8 (8)

げんしけん 7 (7)

げんしけん 7 (7)

げんしけん 6 (6)

げんしけん 6 (6)

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

虚人たち

虚人たち

終戦のローレライ 上

終戦のローレライ 上

おジャ魔女どれみ(1)

おジャ魔女どれみ(1)

宝石泥棒

宝石泥棒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「時をかける少女」感想
この世とあの世とが置換したかのような灼熱地獄の中、逝ってまいりました筒井康隆原作・細田守監督作品「時をかける少女」!二度と行きたくない町№2新宿まで。

以降の文章には現在公開中の映画「時をかける少女」のネタバレがちょいと含有されてますが、この映画は見ないと面白さは全然伝わらないし、あらすじ自体は原作に結構準拠していたので見ても大丈夫じゃないかな、たぶん。………というのは全部僕の予断ですので「てめえなんぞ信用できるか!この下種が!」という人はやめといたほうがよいかと。ええ。
時をかける少女 NOTEBOOK時をかける少女 NOTEBOOK
ニュータイプ

角川書店 2006-07
売り上げランキング : 153

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

時をかける少女 〈新装版〉時をかける少女 〈新装版〉
筒井 康隆

角川書店 2006-05-25
売り上げランキング : 6411

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


えー、ちょいと前に書いたこのブログの記事で「タイムリープものの映画作りたいけど『時かけ』のパクリじゃんって言われるのが嫌だから筒井康隆原作にしたんじゃねえのか!細田さんよお!」という屑ならではの小汚い論理でこの映画の期待を表明していたんですが、見事にその僕の馬鹿げた期待を吹き飛ばしてくれました。この映画。内容はまさに「時をかける少女」そのままなのに見せ方はまったく新しくなっていて、かといってアニメーションとしては奇をてらった物ではなく僕が思う「正統派のアニメ」で、動きや映像に笑ってしんみりして感嘆して感動して、まあとにかく実に面白かったです。

特に主人公の紺野真琴の元気のよい動きは必見!走ったり飛んだり駆け上がったり転んだりごろごろ回転したりぶつかったり笑ったり泣いたり。めまぐるしい動きを見せてくれます。また性格もいい性格をしている。何かに「ごく普通の女子高生」みたいな書かれ方をされていたんですが、全然「普通」じゃないです。実に漫画チックアニメチックなキャラをしています。元気いっぱいで少年のようにさばさばしていてかなりお調子のりの女の子でした。特にタイムリープ能力が備わった当初の「この能力があれば人生らくしょーだぜ!」って感じで調子に乗っている真琴は、かの有名な駄目駄目少年「野比のび太」を彷彿とさせるものがありました。見ているこっちとしては「そんなに調子に乗っているといつか酷い目にあうぞ」と某猫型ロボットの声で(新旧どちらかは人によるますが)心の中で思うしかありません。で、実際物語は彼女にどんなにタイムリープをしても、むしろタイムリープをしたからこそ絶対的に思える「変えられない現実」を突きつけられていくわけです。


「時をかける少女」の主要なテーマは当然のことながら時が無常なものだということだと思うのですが、この映画はそれを実にうまくテクニカル描いています。この世で人が感じるもっとも時の経過を実感させるものはおそらくは人そのものだと僕は思います。新たに生まれ消えていく人間関係、どうやったって朽ちていく肉体、そして不定形な己の心。そういうものを、キャラクター、背景、動き、ドラマ、すべてをきちんと有機的にくっつけてこの映画は描いています。いろいろ例を出して語りたいけど、一応警告文に「まだ見てない人も見てもいいよ」とか書いたので詳しい例を出すのはやめときましょう。えー、それでも一つわからないようにキーワードで例を出すなら「自転車」「線路」「小人」のシーンは実によく計算されつくされた名シーンだと思うのでちょっと意識して見てみるとよいかもです。


と、まあ前述の二つの節みたく、何にも考えずとも「わー、すげえ!」と思いながらただただ楽しむこともできますし、色々深く考えて理屈をこねても楽しむこともできます。この映画は。僕にとって面白いアニメーションってやっぱりこういうものだよなあ、とか思いながら僕は見させてもらいました、と。

あ、原作の「時をかける少女」の主人公、芳山和子も真琴のおばとして登場しているので色々比較しながら見るとまた楽しいかも。

ええと、とにかく大勢の人に見てもらいたいですね。テーマとかメッセージばかり突出して見てて面白くないアニメとか、見てて面白いけど何にも残らないアニメとかは一杯ありますが、こういうそれらを同時に保有しているようなこういうアニメは稀有なものだと思うので、是非是非お見逃しなきよう。細田守監督にはこれからも頑張って面白いアニメ作ってっていただきたいですねえ………。


あ、あと一人の筒井ファンとしてはもう一つの筒井康隆原作の長編アニメ「パプリカ」の予告映像が見れたのもよかったっす。今敏監督らしい見るものを幻惑するような映像に仕上がっていそうで今からワクワクしております。「パプリカ」の内容と今敏監督の作品の個性とは恐ろしいくらい合致していると思うので、これも期待して損はないと思います。はい。
パプリカパプリカ
筒井 康隆

新潮社 2002-10
売り上げランキング : 2877

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント

うわー、とっても楽しみf^^;
熱心なツツイストの虚野さんが推しているのですから、期待大ですよ。試験が終わるまで映画館にかかっていると良いのですが…。パプリカは今監督なんですね。こちらもワクワク。
【2006/08/02 10:20】 URL | 月草 #- [ 編集]


あんまりツツイストであることは関係ないかもしれませんが、ね(苦笑)。かなり興奮のまま書いた文章なのでいい加減なものになってしまいましたが、それだけ面白かったと好意的にとってください。是非是非終わる前に時間を見つけて映画館行ったほうがいいですよ。後悔しますよ。
【2006/08/05 16:46】 URL | 虚野仁 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://utsuronotameiki.blog23.fc2.com/tb.php/70-f875ab91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。