FC2ブログ
虚人のつぶやき
アニメ・漫画・小説などのレビューを中心に自分の好きなものを自分勝手に熱く「語る」ブログ。
プロフィール

虚野 仁

Author:虚野 仁
虚構のことで人生がいっぱいいっぱいな人。「現実」に帰るのはいつの日なのだろう。
上の自画像は暫定版なので、変更ありです。



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



おすすめ品

レビューで取り上げたものとか単に好きなものとか適当に並べてあります。

げんしけん (9) 限定版

げんしけん (9) 限定版

げんしけん 8 (8)

げんしけん 8 (8)

げんしけん 7 (7)

げんしけん 7 (7)

げんしけん 6 (6)

げんしけん 6 (6)

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

虚人たち

虚人たち

終戦のローレライ 上

終戦のローレライ 上

おジャ魔女どれみ(1)

おジャ魔女どれみ(1)

宝石泥棒

宝石泥棒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第48話「新世界へ」感想
んー、正直今回の話を見て、種死に感想を書くのやめようかな………と思ってしまいました。
今回も中身が本当に薄くて、強引な展開・演出がいつものように目立ちました。OP前はまたバンクシーンだったし………。
何とか気力を振り絞って種死が終わる前に僕のレビューが終わるというのは避けようと思います。

B0007QS4YG1/144 HGソードインパルスガンダム

バンダイ
売り上げランキング : 1,650

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

種死中、最も僕が好きなモビルスーツ。戦艦連続ぶった切り、格好良かったッス。



今回の話はディスティニープランに対する各国の反応、キャラクター達の反応を追っていく話でした。
デュランダル議長というロゴスのくびきから世界を解放した英雄が、突如として発案した新しい世界秩序の枠組みに困惑する人々、その中で唯一「真実」目覚めたエターナルの面々が議長を止める為に「仕方なく」戦いへと赴く。って感じでしょうか?

今回の話で特に気になったのはやっぱり、遺伝子至上主義ともいえるディスティニープランをブルーコスモスの力がなくなったとはいえ、未だ遺伝子操作されたコーディネーターに対するアレルギーがあるであろうナチュラルの方々が、批准するかどうかで判断に迷うということがあるのかな?ということです。
普通の人々だってアホではないので、もしそのような遺伝子によって全てが決まるような世界になったら、遺伝子を改良されたコーディネーターに社会的に重要なポストを独占され、自分達はかつての奴隷のように生きなければならなくなる、と考えるんじゃないですかね?
にも関わらず、オーブとスカンジナビア王国しかはっきりと拒絶の意思を示していないというのは強引に過ぎるのではないかなあ。(フフ、そういえばどっちもAAに関係ある国ですね。AAの近くにいると、とたんに「世界の真実」に目覚められるようです。)

とか、見ながらちょっと作品世界のリアルについて考えていたのですが、あるシーンを見てまじめに考えることをやめました。

そう!全世界の子供達に送る「やさしいディスティニープラン」の紙芝居です。友達の龍虎獅サテラ君と一緒に視聴したのですが、龍虎獅君死ぬほど笑ってました。僕も目の前が真っ暗になりました。

えー、演出の方法としてこののようなものはあってよいとは思います。「なぜなにナデシコ」とか面白かったですね。今回の場合は子供に噛んで含めるような映像をデュランダルが流すことによって、彼の高踏的な態度、「愚かな民衆を私が導いてやろう」という意識を表現して、デュランダルの正義が間違ったものであるという印象を視聴者に与えようとしたのでしょうが、

「ハハハハハ、デュランダルってアホかも」

と、僕は思ってしまいました。
いや、あの様な映像が存在するということは僕も納得できます。「リアル」でもあるとも思います。なにせ、現実の僕達の周りにだって政府とかが発行したポスターにアニメキャラが出ていたりするご時勢ですから、未来の世界でもあのような映像が放送されることはなくはないでしょう。
でも、だからってジブリールやデュランダル出すなよ!
スタッフの方々、お遊びが過ぎます。これでは、ディスティニープランがうさん臭く見えて当然です。世界中の人々が「真実」に気づきますよ!これ見たらさあ!

もう今回の話について書く気がなくなってしまったので、種死のラストでどうなるのか、僕が気になっていることを箇条書きしてみようと思います。

・シンは死ぬのか死なないのか。いや、死んでもいいけどAAに寝返るようなことがあるのか。
・その他、種死から出始めたキャラが死ぬことはあるのか。
・デュランダル議長がディスティニープランを思いつくにいたった心理的経緯が明らかになるのか。(タリアを二人の間に子供ができなかったから他の男に奪われた、という過去が関係しているようだが、この遺伝子によって愛する人を奪われた男が、何故遺伝子至上主義者へと変貌していったのが僕はまだ理解できない)
・ほんとーに終わるのか?

何か決め台詞化してますが、この話本当にまとまるんでしょうか?もう二話しかないですよ。山のようにいるキャラクター達それぞれにちょっと見せ場を作っただけでも尺をオーバーしそうなんですが。
他にも戦いつつデュランダルの思想を(視聴者がおかしいと感じるように)論破するとか、主人公(であったはずの)シンはこの話を通じてどのように成長したのかとか、物語としてきちんと自立できるようにやらなければならないことが山盛りなんですが………。

ひょっとするとそのようなことを猛スピードで機械的に処理していくという、とんでも最終回が見れるかもしれませんね、それはそれで期待してしまう不謹慎な僕。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

 どもデス。龍虎獅デス。毎回面白く読ませてもらってマス。「頭文字D」面白かったデスね。種死はダメだったデスね。あきれて笑ってしまいました。自分はSEEDからガンダムに入ったのですが残念デス。過去の作品は素晴しいデスね。ポケ戦、スタダス、小隊。見始めると止まらなくなりマス。繰り返し見たくなりマスね。種は一回見ればもうどうでもいい気分デス。(スペシャルエディション買ったのに~)(-д-)
さて、気になる種死はもうENDが近いデスね。どう終わるのか?本当に楽しみデス。(笑)
【2005/09/19 21:27】 URL | 龍虎獅サテラ #- [ 編集]


龍虎獅さんコメントありがとう!
………ひょっとして語尾少し変にしてキャラ立てようとしてますか?だとしたら成功してますよ。キャラびんびん立ってます(笑)。

種死はね~、チョットね~。
最終回は見ものですね。いろんな意味で期待できますよ!
………まあ90パーセント以上ネガティブな意味でですが。
【2005/09/19 22:32】 URL | 虚野 仁 #- [ 編集]


種デスは終わるか僕も心配です。途中で終わって、後はDVDで、そして全15巻でリリース!とかになりそうですよ(笑
デスティニープランのプロモート映像、僕はただの遊び的な映像としか見ていませんでしたが、言われてみると虚野さんの言うとおりです。リアルに考えると、確かにあれを見たら誰の目にもデスティニープランが胡散臭く見えます。アホくさく見えます。
ほんとガンダムの精神を無視しまくってますよね。この作品は。。
現在僕も諦めモードで奮闘中ですが、とりあえず最後まで見てみましょうか。
【2005/09/20 00:16】 URL | ☆武士 #- [ 編集]


コメントありがとう!☆武士さん。
種死、終わらずにDVDで補完ですか………。本当にありそうで怖い。
ガンダムの精神を無視、確かにそうですよね。種死がこんなにもぶったたかれるのは、小道具や設定がファーストガンダムを踏襲しているくせに中身が全然ともなっていないことにあると僕は思います。最初から「ガンダムらしくないガンダム」を目指していたのならここまで酷いものにはならなかった気も。
まあ、とりあえず最後まで見てなんらかの結論を出そうかなと思っております。
【2005/09/20 21:32】 URL | 虚野 仁 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。