FC2ブログ
虚人のつぶやき
アニメ・漫画・小説などのレビューを中心に自分の好きなものを自分勝手に熱く「語る」ブログ。
プロフィール

虚野 仁

Author:虚野 仁
虚構のことで人生がいっぱいいっぱいな人。「現実」に帰るのはいつの日なのだろう。
上の自画像は暫定版なので、変更ありです。



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



おすすめ品

レビューで取り上げたものとか単に好きなものとか適当に並べてあります。

げんしけん (9) 限定版

げんしけん (9) 限定版

げんしけん 8 (8)

げんしけん 8 (8)

げんしけん 7 (7)

げんしけん 7 (7)

げんしけん 6 (6)

げんしけん 6 (6)

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

虚人たち

虚人たち

終戦のローレライ 上

終戦のローレライ 上

おジャ魔女どれみ(1)

おジャ魔女どれみ(1)

宝石泥棒

宝石泥棒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍虎獅サテラと遊ぶ 映画「頭文字D」を見る
今日はオタであり(で、いいんだよね?)、ある意味で同胞である漫画家志望の男、龍虎獅サテラと映画を見に行きました!
何か最近僕、遊んでばっかしですがこんなことは僕にとってかな~り珍しいことです。いつもは一人でもんもんとアニメ見たり小説読んだりして休みを過ごすことがほとんどです。
で、今日龍虎獅君と見に行った映画とはコレです。
406323567X頭文字(イニシャル)D (1)
しげの 秀一

講談社 1995-11
売り上げランキング : 51,357

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕は原作漫画もアニメも全く見ていないので、それぞれを比較して評価するということはできませんでした。でも良い意味で言うなら非常にニュートラルな立場で、そのニュートラルな立場にいた僕はとてもこの映画楽しめました。
やっぱりこの映画の醍醐味は迫力溢れるレースシーンでしょう!
猛スピードで山奥のくねった道路を駆け下りていくマシンの映像に音楽が流れ(流石にアニメで使ったものそのものではなかったようですが)絶妙のタイミングでドライバーの射るような眼をした姿やハンドルを豪快にさばく姿がインサートされる。
コレを見ているだけで僕はワクワクドキドキものでした。かっこいい………、と思いながらゾクゾクと鳥肌が立つのを感じました。
ドラマ的にはまとまったのかまとまっていないのか、微妙な感じでしたが、それも良かったと思います。変にハッピーエンドや全ての物語の材料が消化されてしまうより、レースにはきちんとした結末をつけ、ドラマはブツンと切れるように半ばキャラクターの心を放り出して終わる、この選択は正しかったと思います。

その後は、龍虎獅君の住処へとお邪魔してしばしオタ臭い会話を楽しみました。あの漫画のここが良いとか、龍虎獅君の原稿見せてとか、あの漫画のここが駄目だとか。
そのなかで漫画「BLEACH」を取り上げて欲しい、と龍虎獅君から指名があったのでそのうち書かせてもらおうと思います。と言っても一週間から二週間ほどかかってしまうかもしれませんが。ちょっと否定的な形でのレビューになると思います。
とか、そんなことをしていると、あっちゅう間に六時になったので種死をレッツ視聴!

………………。

えー、詳しいレビューは明日書きますが(もう今日か)、一箇所龍虎獅君が爆笑し、僕も吹き出してしまったシーンがありましたね。ご覧になった方はすぐにアレだと思いいたると思いますが。まあ少なくともギャグアニメとしてはそこそこの成功といえるのではないでしょうか?(もちろん、皮肉です)

何か嫌な物を見てしまった気分にどんよりとしてしまった僕らは、お口直しにということで、僕が持ってきたDVDに入っていた「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」を再びレッツ視聴!

………………。

イイ!やっぱりコレだよ!バーニィ、格好良い!
緻密になり上げられたドラマにどっぷりと浸かって、もう何回も見ているのにまたラストシーンで泣きそうになりました(^^;。
これもそのうちレビューさせていただきます。

そんな形で今日のお遊びは終わりました。龍虎獅君とはちょっとした野望を胸に抱きあう同士なのですが、その野望についてはまた日を改めて、書こうと思います。
では、今日はこの辺で。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。