FC2ブログ
虚人のつぶやき
アニメ・漫画・小説などのレビューを中心に自分の好きなものを自分勝手に熱く「語る」ブログ。
プロフィール

虚野 仁

Author:虚野 仁
虚構のことで人生がいっぱいいっぱいな人。「現実」に帰るのはいつの日なのだろう。
上の自画像は暫定版なので、変更ありです。



カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



おすすめ品

レビューで取り上げたものとか単に好きなものとか適当に並べてあります。

げんしけん (9) 限定版

げんしけん (9) 限定版

げんしけん 8 (8)

げんしけん 8 (8)

げんしけん 7 (7)

げんしけん 7 (7)

げんしけん 6 (6)

げんしけん 6 (6)

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

虚人たち

虚人たち

終戦のローレライ 上

終戦のローレライ 上

おジャ魔女どれみ(1)

おジャ魔女どれみ(1)

宝石泥棒

宝石泥棒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の僕のけじめのない生活
最近の僕はコンビニのバイトで食い扶持を稼いで生きとります。なんとか。オーナーさんのご好意で廃棄になった弁当・おにぎり等の食品を餓鬼のごとく食らって生きてます。ええ。
今気づいたけど生きてる、生きてるって何度も無意識に書いてしまうってことは余程生きていくってことに不安を抱いてるんでしょうな、最近の僕は。無意識までへたれる前に、根性出せ俺。

というわけで金は本当にないんですがそこはそれ、オタクですから。それなりになけなしの金を使って、心の栄養を取っているわけで、またそれを列挙してみようと思います。意味もなく。
銀魂 1 完全生産限定版銀魂 1 完全生産限定版
空知英秋 高松信司 杉田智和

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-07-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近アニメを本当に見ていないんですが、なぜか「銀魂」は毎週見ていますね。結構面白いです。ちゃんと神楽ちゃんゲロ吐いたし。スクランっぽいショートコントみたいのを適度に入れていて毎回楽しみだし。この手のものはどうしても原作に追いついちゃった後に失速するものですが、少なくともそれまでは毎週見ようと思います。ええ。
立喰師列伝立喰師列伝
押井 守

角川書店 2004-02
売り上げランキング : 13,602

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

押井守監督の映画「立喰師列伝」もちょっと前に見に行きました。………渋谷まで。別にオタクにはアウェイだとかはちっとも思わんのですが、個人的にもう行きたくない街だったので、映画までの間意味もなく街を徘徊してしまっていろんなこと思い出して鬱ったりしてました。後、スターバックスの店外にある喫煙コーナーでタバコを吹かしているとき、隣にいたバカップルには死んでくれ………とは思わないまでも因果地平の彼方に消え去ってくれとは思いました。街中の喫茶店の前のベンチでウクレレなんざ弾いて乳繰り合ってるんじゃねえよ!

………で肝心の「立喰師列伝」なんですが、面白かったです。最近の押井監督作品では一番楽しめました(偉そうですね。押井作品全部見ているわけでもないのにね)。なんとなく「うる星やつら」のメガネの饒舌を思わせるような押井節とでも言うんでしょうか。いかにも小難しい民俗学の専門書に使われそうな(そして、たぶん実際には使われない)専門用語を駆使して時に意味があり時に脱線してギャグになるその饒舌が非常に心地よくて面白かったです。そのナレーションをやった山寺宏一氏の力量もあるのでしょうね。写真を撮ってそれをアニメのように動かすというスーパーライブメーションなる実験も成功していたように思います。確かにアニメでは再現できないイイ面を持った人っていますからね。個人的には河森正治氏の「中辛のマサ」のビジュアルが爆笑ものでした。画面に出てくるだけで笑っちまいました。非常に楽しめました。


で、また違う日にある目的のため、住民票を写そうということで実家に帰ったところ、そこに運命の出会いが。目と目が合った瞬間、それが愛の旅立ちでした………って感じでドンと、実家近くの中古品ショップに結構なデカさの劇場版超時空要塞マクロス(河森正治監督作品)のヒロイン、リン・ミンメイのフィギュアがなんと800円で!気づいたら「おぼえてい~ますか~♪」と鼻歌を歌いながら自転車のかごにフィギュアを入れて爆走している僕がいました。いやあ、一目ぼれって恐ろしいね!そしてそれがフィギュアってむなしいね!いやいや、むなしくなんかないですよ。今でもこれを書いている僕のノートパソコンの横には彼女が「ミンメイ・マクロスピード」ってな感じの格好でたたずんでいるので幸せです。荻上さんのフィギュアも色つきのやつが発売されてれたらもっと幸せなんだがなあ………。
超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~
スタジオぬえ 河森正治 長谷有洋

バンダイビジュアル 1999-08-25
売り上げランキング : 2,601

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なんで住民票を移したのかというと図書館の本が借りたかったからという場当たり的な考えのためだったんですね。もう既に学生ではない僕は住民票移さないと本も借りられないんですよ、これが。一度現住所が分かる書類と保険証を持って図書館に行って「本は借りられません」といわれたときは、まあへこみました。図書館こそ俺の最後のテリトリーだと信じていたのに………。図書館よ、お前もか!なんだ、俺にはもう居場所はないのか。今の閉じた住処で孤独死するしか道はないのか!って同居人がいるからそれも絶対無理じゃないか!(餓鬼か)なんてことを思っていたのでね。「意味もなくネガティブになる前に住民票を移せばいいじゃん」と脳の裏っかわから指摘があったので移しました。そして、本を借りました。幸せ。

いろんな本を借りているんですが、とりあえず舞城王太郎は面白いっす。現代語と一人称を使ってのスピード感とミステリーの仕掛けを駆使して読者を幻惑するような小説でワクワクします。あと、僕の近所の図書館はライトノベルも結構充実していて、大塚英志氏の「僕は天使の羽根を踏まない」と成田良悟氏の「世界の中心、針山さん」も借りました。眼鏡っ娘魔法少女サマーちゃん萌へ(ほかに言うこといっぱいあるだろうが、ぼけ)。というわけで本が読めればとりあえず僕は幸せです。ええ。しかし、著作権とか厳しくなりつつある世の中で図書館って大丈夫なのかしら、いろいろと。有料化します、なんてことになったらもちろん僕は泣いちゃうんですが。末永く僕のパラダイスが続きますように、と。
暗闇の中で子供―The Childish Darkness暗闇の中で子供―The Childish Darkness
舞城 王太郎

講談社 2001-09
売り上げランキング : 36,666

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

みんな元気。みんな元気。
舞城 王太郎

新潮社 2004-10-28
売り上げランキング : 38,509

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕は天使の羽根を踏まない僕は天使の羽根を踏まない
大塚 英志

徳間書店 2003-11-15
売り上げランキング : 23,900

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界の中心、針山さん世界の中心、針山さん
成田 良悟

メディアワークス 2005-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。