FC2ブログ
虚人のつぶやき
アニメ・漫画・小説などのレビューを中心に自分の好きなものを自分勝手に熱く「語る」ブログ。
プロフィール

虚野 仁

Author:虚野 仁
虚構のことで人生がいっぱいいっぱいな人。「現実」に帰るのはいつの日なのだろう。
上の自画像は暫定版なので、変更ありです。



カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



おすすめ品

レビューで取り上げたものとか単に好きなものとか適当に並べてあります。

げんしけん (9) 限定版

げんしけん (9) 限定版

げんしけん 8 (8)

げんしけん 8 (8)

げんしけん 7 (7)

げんしけん 7 (7)

げんしけん 6 (6)

げんしけん 6 (6)

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

虚人たち

虚人たち

終戦のローレライ 上

終戦のローレライ 上

おジャ魔女どれみ(1)

おジャ魔女どれみ(1)

宝石泥棒

宝石泥棒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近知ったこと
えー、僕はあんまりコンピュータに詳しくないので、ひょっとしたら皆当たり前のように知っているのかもしれませんが、最近やっとパソコン画像を携帯に送る方法を知りました。

これとか
docoal.com/docoal_direct/PC/index.html
これとか
http://i-section.net/photocome2/
を使えば簡単に携帯に画像を送れるんですね。いや、全く知らなかった………。

早速僕が萌えまくっている荻上さんの画像を携帯に山のように送信いたしました。この前のコミケで買った荻上さんの同人ゲームの画像を主に、調子に乗って18禁な荻上さんの画像も送信!ヒッヒッヒ。

………ふぅ、ほっておいても駄目人間度が上がっていく僕の、明日はどっちだ………(っていうか、明日自体あるのか?)。
スポンサーサイト
ぱにぽにだっしゅ!第13話「悪の報いは針の尖」感想
いやぁーーーーー、今回のぱにぽにはいかれててぶっ飛んでて面白かったです。もう完全に学園コメディものから逸脱していて大笑いしてしまいました。

以下の文にはネタバレが!ご注意!

最初から吹っ飛ばしてましたねえ、今回のぱにぽには。確かこんな番長ども原作には出てなかったですよね。というか普通の感覚してたら考え付いても登場させませんよねこんな奴ら(笑)。
ザンボット3スケ番とか↓
B0002YM75U超合金魂GX-23無敵超人ザンボット3

バンダイ
売り上げランキング : 15,417

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

マジンガーZ番長とか↓
B0006Z3T7U超合金魂GX-01R マジンガーZ

バンダイ
売り上げランキング : 2,325

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

牛………はなんだったのか、全く分かりませんが、ベッキーはガイキング↓とガンバスター↓とベッキー調査中の宇宙人連中を足して3で割ったようなロボット乗るし………。
B00081MXNS超合金魂 GX-27 ガイキング

バンダイ
売り上げランキング : 97

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B0009U57POトップをねらえ! ガンバスター GUNBUSTER

海洋堂
売り上げランキング : 1,330

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



アニメオリジナルなキャラ出して、ここまで学園コメディという枠組みをぶち壊しておきながら、まだこのアニメ続くみたいです。(EDも新しくなったし。ベッキーの天才としての生れ落ちたゆえの葛藤をアンニュイな感じに歌上げててナイス。挿入歌のPANIPONIXも最高!CD欲しいなあ………)ギャグアニメが最終回に全てをぶち壊して終わるっていうのは結構あるパターンだとは思いますが、ぱにぽには来週もしれっとした顔して学園ギャグものを装って続くようです。恐ろしい………。今回のようなハチャメチャ展開は原作ファンの方やキャラクターが現実にいるかのようにアニメ世界において生きている風に表現して欲しい方達(もっともアニメのぱにぽに好きな人にそれを期待してみている人はいないか)はちょっと許しがたいものを感じるかもしれませんが、僕は大好きです、こういうおバカなアニメ。

でもこの展開どう考えても最終回にふさわしいだと思うんですが、後になって1クールで終わらすのは惜しいとなって、もともと最終回のエピソードであったものが13話として放送されたなんてことはないですよね。僕の眼にはそんな風にしか映らんのですが、やっぱり気のせいですか?
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第49話「レイ」感想
えー、今回の種死今までの流れとかそういうものを度外視すれば結構面白いものでした。

ネタバレアリ!ご注意ください!

レクイエムとメサイヤの破壊に乗り出したエターナル、AA。それらとザフト軍との激しい戦闘が今回の話では描かれたわけですが、確かになかなか燃える展開ではありました。vestigeが流れながらのモビルスーツ戦、艦隊戦、いささか動物的かなとは思いますが、こういうシーンは見ていて面白いものではあります。このような映像を作ることができるのもなかなか難しいもので、監督の手腕が全く凡庸なものではないと思いました。

………………ちょっと奥歯に物の挟まったような、書いていて背筋が寒くなってくる文章ですね。んー、本音を言ってしまうとかなり辛らつな文章になって見苦しいかなと思って、まあ多少緩やかな表現にして書こうといつも努力しているんですが、ちょっと本音という奴をぶちまけてみましょうか、今回ぐらいは、ね。

では、今回気になった点を箇条書きして見ます。
一応警告文。

以下の文にはかなりきつい表現が含まれています。エターナル、AAを素直に応援できる方は見ないでいただきたい。

・ラクス、また戦場で「戦うな」の演説ですが、通じなくて当然だよ。もっと違う手管でやりなさい。
・キラ、アスラン。あんだけビーム打てば人死にまくってるよ。
・シン。デュランダルとレイによってたかって説得されてるよ。自分がないのかねこの主人公は。
・ドム三人衆。こいつらはラクスの為に戦ってるだけで、平和のためとか世界のために戦ってるんじゃないんだね。とんでもなく恐ろしい連中を飼ってますねラクス。
・タリア。最後までザフト軍として戦ってくれるあなたの潔さに乾杯。
・イザーク、ディアッカ。特にディアッカ、銃殺されるしかない君を救ったのはデュランダル議長ではなかったっけ、それを簡単に裏切る君らは人でなし、だ。
・ルナマリア、死ななくてよかった。

と、ここまでは前座のようなものです。ここからが今回僕が怒り狂った奴の話です。そう!あの不可能を可能にする男、エンディミオンの鷹こと、ムウ・ラ・フラガのことです。

まず、一言。

ネオ・ロア・ローク、いやムウ・ラ・フラガ!今すぐ自決せよ!

うわ!色々考えた末、一番激烈な言葉が僕の指先から出力されてしまった。申し訳ない。
でもですよ、この茶番的な展開はないんじゃないでしょうか。百歩譲って、声優同じでまさにその本人だったっていう何のひねりもない展開は無視しましょう、結構あっさり記憶が戻っちゃったのも無視、アカツきがνガンダムパクってたのも無視!でもですよ、だからってマリュー艦長と呑気にラブってんじゃねえよ!ムウ!
彼は確かにムウでしたが、ネオでもある男なんですよ!ネオといったら何の罪もない少年少女たちを戦場に誘って、犬死させたロゴスの歯車の最後のひとつですよ!確かに彼は本意でそれを行っていたのではないかもしれない。でも、普通、いやなかなかに格好良い大人の「男」だったムウがかつての自分の行った許されない「罪」を考えたらこんな呑気な面していられるんでしょうか?
僕は決して、筋が通らないことをしたとき男は死ぬべきだ、何て乱暴なことを言いたいんじゃありません。例えば、自分の罪を責めるムウ、それをマリューが許す。みたいな表現がなされていれば、文句も出ませんでした。ここで平気な顔して愛する人の下に戻り、その暖かく豊満な胸でぐっすりと眠れるような男が「ムウ」という男ではあってはならないといっているのです。ムウをそんな男にしてしまったのが残念極まりないといっているのです!
B0009S2PLU機動戦士ガンダム SEED DESTINY スーツ CD (7) アウルXスティング
ドラマ スティング・オークレー(諏訪部順一) 三重野瞳

ビクターエンタテインメント 2005-07-21
売り上げランキング : 1,387

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

君らの隊長が最悪な奴に成り下がろうとしているよ………。このまま君らのことを忘却の彼方に追いやろうとしるなら、ムウの枕元にそっと立って上げなさい………。



っとまあ、やっぱり愚痴りまくるのも楽しいものではないですね。ムウも、生きててよかったね。幸せな家庭でも気づいてください。ただし、月の陰る夜はきをつけな。

ただ、少なからずシンが戦う理由に納得のいくものができてよかったな、と思います。レイが言った理屈は決して間違いではない。エターナル側が勝利した場合、今回の戦争は収まらないでしょう。世界各国の紛争はブスブスと長く燃え続けることになるでしょう。
欲を言えば、もう少しシンに主体的なセリフを吐かせて最後の戦いへと出撃させてもらいたかったですが、それはもういいです。我慢します。
種死は忍耐力が鍛えられ、つまらないものでもこう考えれば面白い!というポジティブな眼を養える実に教育的なアニメでしたね。うん。(マジでそう思います)

げんしけん第42話「メンセツ」感想!
という訳で、アフタヌーンが近所の本屋に既にありましたので今日はマンガ「げんしけん」の感想を書かせてもらいます!

ネタバレアリ!ご注意ください!

前回のげんしけんは荻上コミフェス初サークル参加ということで、大野さんのアメリカでの友達「スー」と「アンジェラ」の突然の来日というナイスな偶然のおかげで二人っきりで売り子をやることになった荻上さんと笹原君の見ているほうが赤面してしまうくらいのぬる~いラブコメ展開がありました。荻上さんの萌えポイントも山盛りで、もちろん僕は目を皿のようにして、網膜から脳へ、脳から魂へとそいつを焼きつかせましたよ。笑顔の笹原君と目が合って、見つめちゃって、恥ずかしくなってトイレに逃亡しちゃう荻上さん萌えーーーーーっ!
えー、このシーンで荻上さんが笹原君を男性として意識していることが確定しましたね、二人がオタカップルになるのも時間の問題でしょう。

もっともっと荻上さんの魅力を、萌えを引出してくれ笹原!そして、荻上さんの頑なな心を解放しちゃいなよ、笹原!

目を皿のようにと前述したとおり、隅から隅まで読んだのでもちろん予告も見逃してないですよ。そこにはこんな言葉が、
「次回は現視研がついに合宿へ!!あなたにちゅっちゅ~です!」
合宿でつか!合宿、お泊り、一夏じゃなくて一秋の思ひ出………。荻上さんと笹原君、一気にホップ、ステップ、ジャンプですか!
斑目は仕事があるだろうから不参加。よって斑目、咲ちゃん関係の話の線はなし。
新キャラアンジェラ、スーはこれ以上げんしけんの話に絡みすぎるとげんしけんの持ち味である普通っぽさが失われてしまうだろうから、彼女らの話になる線も薄い。
と色々考えて見なくても、次の話は笹荻で決まりですか!やばいっす。妄想が広がりすぎて止まらなねえええぇぇぇ!

ってな感じで今日という日を迎えました。いざ、尋常に勝負!(以下の文は実況解説風味の文になっております。)



ってまだコミフェス終わってねえのかよ!

スーちゃん、荻上の妄想力に圧倒されたようで、荻上の金魚のふん化してます。しかし、結構オタとしての経験値積んでそうなスーとアンジェラを唸らせる荻上さんの同人本。ナニが書いてあるんだらう。

荻上と笹原君やっぱりまたギクシャク。自分の作った婦女子妄想の詰まった本から目を背けられちゃったことが悲しかったのかな………。

ああ、やっぱりアンジェラとスー帰国したか。まあ、あんまり話の本筋に関わってきちゃうとげんしけんぽくなくなっちゃうもんなあ。得心。

そうか、笹原君まだ就職決まってないのか。ということはサブタイトルも「メンセツ」だったし、今回は笹原君の就職話がメインか。

笹原妹良いことゆった。合宿は温泉!決まりだろ!(僕の脳内では荻上さんが湯に入る姿が、姿が、くうぅぅううう)(悶絶)

なんとなく荻上さんのことを避けてしまう笹原君。そんな自分自身にむかついている笹原君。こういう心理描写が作者の木尾氏はうまいなあ。

何故、編集者になりたかったのか自問する笹原君。こういう気持ちも本当によくわかる。僕も叶いそうもない夢を追うコヨーテですから。

「……荻上さんとも全然喋ってねーよ………」
キッターーーー!もう笹原君、荻上さんを意識しまくりだね。読者や咲ちゃん、大野さんだけでなく荻上さんももうなんとなく気づいてるよ、きっと。

言っちゃえよ!好きだって言っちゃえよ!

怪しげな編集者プロダクションにメンセツ受けに行く笹原。なんとなく、高坂ともども2次元エロ業界に行ってしまいそうな気も。

メンセツで同人誌作った時に獲得した経験を元に語る笹原。なんか大人になったなあ、って感じ。

………っと!このメンセツの兄ちゃん実はくじアンの編集者だったんだ。おお、ある意味げんしけん物語上重要なシーン。アレだけ語りまくっていたくじアン制作の現場にいた人物と笹原君が接触!これはやっぱり荻上さんと笹原君がくっついてげんしけん終わるな………。

届いた通知の封筒の厚さに大喜びする笹原君。こういう些細な描写からリアリティという奴がにじみ出てきますねえ。

荻上さん、登場!就職の内定を報告する笹原君が気になってしょうがないのに、無理して見ない振りする荻上さん萌え。

おめでとうございますとか言いたそうだけど言えない荻上さん萌え。

笹原君が近づいてきただけで過剰に反応する荻上さん萌え。絵には描かれてないけど、枠外で大野さんと咲ちゃん(この二人は。ウブにもほどがあるぞ!)ってあきれてますよ。

アメリカに戻ったスーとアンジェラに前に作った同人誌を送ると笹原君が言い、ちょこっとだけ営業で頑張ってる久我山を出して今回は幕。今回の話の冒頭ではできなかったことが最後にはできるようになっている、ということは今回の話で笹原君が大きく変化したということでしょう。



ってなわけで、僕の想像とは全く違っていたんですがとても面白かったし、げんしけんの話上、とても意味あるお話でした、今回は。
げんしけん全体の話としてどうかという点で見ると、隠れオタであった笹原君が同人誌を作り、遂には自分の好きなものを作っている現場で仕事ができるまでになる。これ以上ないというくらいの素直なオタク成長ストーリーにげんしけんがなったわけで、もういつ終わってもある意味おかしくないです。
笹荻の観点から見ると笹原君が荻上さんに積極的な態度を取ることができなかった最大の原因、あるいは勝手に障害に笹原君がしていたもの、就職の問題が片付き、もう二人がくっつくのに障害は後一つ。荻上さんのオタ嫌いは何に起因するのかということだけでしょう。これが片付くのと二人がラブラブになるのはきっと同じ瞬間。温泉での合宿で決めてくれるか、笹原!

………次でどこまで行くのかな、ほんと。げんしけんはくっつく時は、王道ラブコメマンガとは違ってあっさりくっつけるので、もう1・2回でけりがつくと思うのですが。
まさか、次でキスまで………いやもしかしてそれ以上、Cまで………(古いわ!)。アフタヌーンでそれはないか、っと思ったけど木尾さん前作の五年生ではバリバリSE(以下略)シーン描いてたらしいしなあ。温泉だし、お泊りだし。笹原君と荻上さんのSE(自主規制)シーン見たいような、見たくないような………。

いや!はっきり言おう!見たくない!別に笹原君と荻上さんの絡みが見たくないわけじゃない、それは妄想のみが入ることを許されたサンクチュアリとして残しておいて欲しいのだ!妄想には無限の可能性がある!一つの実体は誰か一人の理想になることは可能かもしれないが、全ての人の理想となることは構造的に不可能!妄想による自己補完こそ、この世に唯一存在する真の美の形である!(おーっし言い切った。言ったら戻ってこれなさそうなことを、言い切りましたよ。)

………と、まあ冗談はこれくらいにして、普通に考えて木尾さんがげんしけんでソレを描く可能性は限りなくゼロに近いでしょう。そんなことしたら今まで作り上げてきたげんしけんのぬるい空気感が台無しになってしまいますからね。キスすら描くかどうか。キスをしたことをにおわせるシーンぐらいで止めておくでしょう。

ふぅ、気づくとちょっとやばいぐらいの長文に。これも僕の荻上さんを思う気持ちあればこそですよ。本当に荻上さんいいなぁ。またアニメやらないかなぁ。もち、荻上さんと笹原君の話メインで(荻上さんの声優が合ってなかったらすごいヤだけど)。荻上さんのフィギュア出ないかなぁ。しかも上石神井のコスプレとか、スク水とか何種類も。そしたら、家財一式売っぱらってでも全部買うのになぁ………。ああ、またコミフェス、じゃなくてコミケで買ってきた荻上さんの同人エロゲームしようかなぁ………………。荻上さんと笹原君の絡みのある純愛路線の同人小説書こうかなぁ………………………。荻上さんの………………………………。
4063211703げんしけん 6 (6)
木尾 士目

講談社 2005-06-23
売り上げランキング : 1,596

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



奴の肉体は、もうボロボロだ………
まあ、奴っていうのは僕のことなんですがね。

夕食を食らって、しばし時間がたった後、危うく嘔吐しそうになりました。特にコレといった原因もなし。ただ単に僕の胃腸が弱っているだけのようです………。
お昼にハンバーガー、夕食に作るのが面倒だったのでレトルトの牛丼。かつての僕なら平気の平左でかっ食らうことができたはずの食事たちに思わぬ逆襲を食らってしまいました。
本当にもう一息で吐きそうになりました。モノが口蓋の辺りまでせり上がってきておりましたから。

結構人間の肉体というのは脆いものですね。って俺の肉体が脆いだけかも。上京してきてまだたったの一年ちょいだっていうのにこのざま、なんたること。

一人暮らしだと、どうしてもレトルト食品多様のハチャメチャな食生活を送ってしまいがちなんですよね。カレー一つ作るにしてもいちいち食材買ってきて大量に作って冷凍保存するよりも、レトルトで買ってくるほうが簡単だし、しかもモノによっては安く上がったりする。そんな風にどんどん溜まっていったツケが今僕の肉体に襲いかかっているようです。

今回は胃腸薬を戦線に投入することでなんとか切り抜けられそうです。もう今日はさっさと寝て、明日に備えようと思います。まあ別に明日、何があるわけでもないですが。

………と、よく考えてみたらもうすぐ、僕の心の太陽!荻上さんとの一月ぶりの逢瀬が近づいているではないですか!(要するにアフタヌーンの発売日っス)
これは胸がムカムカするとか言っている場合ではない!十分すぎるほどの睡眠をとり、抜群のコンディションで時を迎えられるようにしておかねば!
ということで、やっぱり今日はさっさと寝よう。
でわ。


妄説 種死のキラ・ヤマトは何故こんなにも………こんななのか。
種死のキラ・ヤマト君に対して違和感を覚えている人は多々いるかと思います。僕もその一人。
現在のキラ君は、過去、精神的に追い詰められて女に逃げ、昼ドラのようなドロドロな愛憎関係を土曜の6時帯に見せてくれた張本人とは思えないほど、淡白にすぎるよう気がします。
そのあまりの豹変振りに、「キラ・ヤマト死亡説」とか「キラ・ヤマト洗脳説」とかが、まことしやかに囁かれている訳なんですが、そんな中、僕はおそらく新しいであろう自説「キラ・ヤマトフリーダムガンダム中毒説」を唱えるものなんですよ!
今日はその妄説を繰り広げて記事とさせてもらいます。
とりあえず、警告文。

以下の記事は現在のキラ君の精神状態を比較的合理的に説明付けし、納得しようとするものですが、見ようによっては悪口にしか見えないかもしれません。現在のキラ君に何の違和感も覚えない人は回避してください!

いきなりフォロー入りますが、以下の文は何度も言うように「妄説」です。かなり強引な論理展開があったり、アクロバット的な論理の飛躍があったりするので、きちんと心のシートベルトを締めてご覧になってください。

えー、僕が「キラ・ヤマトフリーダムガンダム中毒説」に思いいたったのには二つのきっかけがあります。
一つは、デストロイガンダムの搭乗者がどこかデストロイガンダムの力そのものに引き込まれて、己を失い破壊の限りを尽くしているように見えた時。よく考えるとデストロイのこの戦い方はフリーダムに少しに似てるなあと僕の中でフリーダムとデストロイが関連付けられました。たった一機で敵陣に進入し、圧倒的な火力でもってなぎ払うという、ね、そう考えると似ているのです。
もう一つはキラ君がフリーダムをシンに落とされて、今シリーズ初めての人間らしい表情を見せた時。
これらのシーンを見た後僕の脳内で奇跡的なシナプス結合がなされ、ポンと音を立ててこの説が転がり出てきました。
この説はつまり、今のキラ君はフリーダムの持つ、絶対的な暴力の力に魅せられてしまっていて、デストロイのように、あるいはサイコガンダムのように搭乗者である己の精神を歪められてしまっているのではないかという説です。

僕の前々からの自説に「強力な戦力足りうるロボットに乗る人間の精神は確実に何らかの歪みを持っている」というのがあります。
だってそうでしょう?たった一機で敵軍を退けてしまうロボットがたまにアニメには出てきますが、その搭乗者が何の特別な心理も胸に抱かないということがあるでしょうか?少なくとも僕なら自分が神にでもなったかのような恍惚に酔いしれます。人の形をしていて、さらにデザインがとても美しいというのも搭乗者の精神に悪影響を及ぼすと僕は思います。
そうして生まれた全能感をより強いものによって、または戦争の現実を垣間見ることによって叩き潰される、というエピソードはロボットアニメではよくある話ですよね。

今まで大切に守ってきたものだって簡単に裏切れるようになってしまうくらい、力の持つ魔力は強大なんです。だから、ロボットアニメの主人公は常にその魔力と戦って自分を維持しようとしてきた。しかし、ひょっとしたらキラ・ヤマトは視聴者の気づかぬうちにその戦いに敗れてしまったのではないか。
そして、その精神のほとんどをフリーダムの持つ力の魔力に占領されてしまい、あのように実にささやかな情緒しか持てなくなってしまったのではないか。
キラ君はきちんとした訓練を受けた兵士ではないからメンタル的な部分が脆弱で、にもかかわらず相手の命を助けつつ機体を大破させる事ができるまでの「力」を持ってしまっている。これにより、キラ君の心は壊れてしまったのではないか。
そう考えると納得のいくことがかなりあるのですよ。きっかけとして前述した、キラがフリーダムを失って落胆するシーンも自分の切り離すことのできない自我の一部としてフリーダムを捉えていたからこその落胆だったのではないか。(だって他にモビルスーツが無いわけじゃないのに)あれだけ口では戦いは無意味だとかのたまっていたくせに、いざ戦闘になると友人であるアスランの機体をさほど逡巡もなくバラバラにして見せたり。
全てフリーダムの持つ「力」の魔力にキラが取り込まれてしまったからの結果なのですよ!

………ってやっぱり暴論ですね。すんません。でもこういう理屈考えないと今のキラ君は正視に耐えないです。目の前で自分と同じ年くらいの女の子(ミーアのことです)が銃で撃ち殺されたにもかかわらず、ちょっと眉をしかめる程度で済んでしまう彼の心が正常なわけないじゃないですか!

これからの種死を見るにあたって、絶対にキラ君に感情移入できなければ面白くないだろうなあ、と思って色々努力しているんですが、やっぱ無理です、できません。
僕は最後までシンとデュランダルに感情移入して見て行くしか道はないようです………(たぶんそんな見方してたら腹たってしょうがないような展開になるんだろうとは思ってるんだけどさ。人間そんなに簡単に自分は変えられないです)。


僕が患者さんにしか見えない人↓
4048536931キラ-DESTINY-―機動戦士ガンダムSEED写真集
ニュータイプ

角川書店 2003-12
売り上げランキング : 1,296

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

写真集ってなんじゃい………。
僕が日常的に熱唱しているアニソン
このブログを開設してから早くも二週間。そして、早くもネタがない………。
いや!ないことはないんですよ。書きたいレビューは山のようにあるんですが、………まあぶっちゃけ作るのが面倒なんです、ええ。
あんまり気合入れすぎてもブログ続かなくなっちゃうし、レビューの方はぼちぼち増やしていこうと思います。
ってことで今日は僕が好きな、日常的に熱唱しているアニソンを4つほど並べてお茶を濁そうかと。

まずはこれ!
勇者王誕生!
B0009J8IF6ガ王 勇者王誕生!10連発!!
アニメ主題歌 遠藤正明&スリージーズ2005 米たにヨシトモ

ビクターエンタテインメント 2005-06-22
売り上げランキング : 206

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ガ、ガ、ガ、ガガガガ、ガオガイガー!
ガ、ガ、ガ、ガガガガ、ガオガイガァーー!!
書きながら歌ってしまいました。絶叫しながら歌うとエネルギーが沸いてくる名曲です。
アニメともども紹介してくれた龍虎獅君に感謝。
上のCDはその「勇者王誕生!」の違うアレンジの曲が10曲も入っているとんでもないCDです。
コレ、10曲ぶっつづけで聞く人いるんだろうか?

キングゲイナー・オーバー!
B00006HBNHオーバーマン キングゲイナー - キングゲイナー・オーバー!
福山芳樹 井萩麟 田中公平

ビクターエンタテインメント 2002-09-21
売り上げランキング : 8,397

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コレも絶叫系のナイスな曲。のども裂けよと、全力で歌い上げると実に心地よい虚脱感に包まれることができます。
これは詞も最高にいいんですよね。メッセージ性の高く、練られた詞で、聴いていると様々な思考が頭の中を飛び回ります。
いや、井荻麟(要するに富野由悠季)氏は本当に好い詞を作りますよね。

炎の転校生
4091257437炎の転校生 3 (3)
島本 和彦

小学館 1999-02
売り上げランキング : 176,121

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


虚野の好きな島本和彦氏の作詞作曲したのがこの曲。
作曲、までやってるんです。なんでも島本氏本人がテープに直接詞と曲をふきこんで、それを作曲家の人に渡して編曲してもらったとか。
これも熱い、血液が沸騰してくるような魂に訴えかけてくる名曲なんですが、やっぱり無造作に「滝沢キック」「国電パンチ」といった原作を知らない人が聴くと珍奇に響くフレーズが入ってくるので、カラオケに行っても非常に歌いづらい曲です。
上の画像は無かったので漫画のものです。

おジャ魔女カーニバル
B000064BLKおジャ魔女カーニバル!!
MAHO堂 しゅうさえこ

バンダイ・ミュージックエンタテインメント 1999-03-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

………ええ、落とそうとしましたよ?あんまりうまく落ちたとは全く思いませんが。
画像が欲しいですね、なのでもう一曲おジャ魔女で好きな曲を。ホイ。
B0002RN91Sナ・イ・ショ・Yo!おジャ魔女
MAHO堂 柚木美祐 川本盛文

ジェネオン エンタテインメント 2004-09-24
売り上げランキング : 11,661

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

えー、「おジャ魔女カーニバル」好きなのはマジです。コミカルでかわいいおジャ魔女達の歌声を聴くと、やっぱり和んでその後元気がじんわりと沸いてきます。
この曲、虚野はパンピー相手にネタとして歌ったことがあります。DAMで歌ったのでカラオケ画像も実際のアニメのもので、なかなかウケを取れました。………もうやりませんが。

こんな感じの曲を僕は日常的に歌っております。近所迷惑にも自宅にいる時、突然絶叫し、歌い上げたりしてます。
何か、久々にカラオケにでも行きたくなりました。
………って今日はこんな感じで。
機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
今日はアニメレビューを上げさせてもらいます。
僕の中では一番(ぐらいに)好きなガンダム、「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」です!
「ちょっと興味ある」とか、「暇でしょうがねえ」って人は下のほうにあるREADMOREから記事を見てやってください。
ただし、本文には少しばかりネタバレが含まれております。「0080」を見ることが確定していて、余分な情報を視聴前に入れたくない!という人は回避してください。(そうじゃない人は見ても大丈夫な程度のネタバレに抑えられています………たぶん)
B00005EDOI機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 vol.1
矢立肇 富野喜幸 高山文彦

バンダイビジュアル 1999-12-18
売り上げランキング : 5,357

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B00005EDOJ機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 vol.2
矢立肇 富野喜幸 高山文彦

バンダイビジュアル 1999-12-18
売り上げランキング : 5,102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

[READ MORE...]
ぱにぽにだっしゅ!第12話「人に高下なし、心に高下あり」感想
今回のぱにぽにだっしゅ!は「夢」がテーマだったようです。

以下の文章はネタバレを含有しております!お気をつけください!

4757512945ぱにぽに 6 (6)
氷川 へきる

スクウェア・エニックス 2004-10-18
売り上げランキング : 1,945

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ベッキーの夢探しで終わるかと思ったら、途中から姫子の脳内探訪へと切り替わりました。流石はぱにぽに、プロットの無軌道さがナイスです。
姫子の脳内も無軌道なんだけど、まあいつもどおりという感じがしますね。
っていうか「マホ」って何?

うーん、ギャグ作品って感想書きにくいですね。はっきり言ってぱにぽには、ノリが命という感じでいくら言葉を連ねても面白さは伝えられそうにないです。

最終的にベッキーのささやかな夢を持たないことへの劣等感は、別に無理して夢を持つことはない、今充実しているのなら、それで十分だ、と落ち着いたようです。
まあ、そのとおりかも。

以下は僕の感想でもない下らない考えです。

今回は片桐姫子がフューチャーされた回でしたが、まあ姫子に対して萌え~な人は少ないと思うのですが、僕は萌え~ではないのですが、姫子に対してイケナイ考えを抱いてしまいます。
なんと言いますか、「あずまんが大王」の智に対しても抱いたイケナイ考えなんですが、えーと(言いづらい)こういういっつも元気で泣いたりしそうにない女の子を泣かしてみたいという考え、君にはありませんか?
ありませんか、そうですか。
僕はこの考えを持っているんですが、これはかなりまずいですよね。僕はサディストではないつもりなんですが、でもそういう少女を肉体的・精神的に追い詰めてマジ泣きさせたら興奮するだろうなあ、と思うんですわ。おもいっきりぶん殴ったり、脅迫したりして。
うわ、ドン引きしてますね。
でも、少女の隠された表情っていうのを見たいっていう感覚あるじゃないですか!無表情な少女が見せる貴重な明るい笑顔とか、萌え~な感じでしょ?それと一緒ですよ。
………言葉を重ねれば重ねるほど僕の変態性が明るみに出てくるようですね、もういいです………。

ああ、どこに行ったら転職してレベル1に戻れるのだらう………。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第48話「新世界へ」感想
んー、正直今回の話を見て、種死に感想を書くのやめようかな………と思ってしまいました。
今回も中身が本当に薄くて、強引な展開・演出がいつものように目立ちました。OP前はまたバンクシーンだったし………。
何とか気力を振り絞って種死が終わる前に僕のレビューが終わるというのは避けようと思います。

B0007QS4YG1/144 HGソードインパルスガンダム

バンダイ
売り上げランキング : 1,650

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

種死中、最も僕が好きなモビルスーツ。戦艦連続ぶった切り、格好良かったッス。



今回の話はディスティニープランに対する各国の反応、キャラクター達の反応を追っていく話でした。
デュランダル議長というロゴスのくびきから世界を解放した英雄が、突如として発案した新しい世界秩序の枠組みに困惑する人々、その中で唯一「真実」目覚めたエターナルの面々が議長を止める為に「仕方なく」戦いへと赴く。って感じでしょうか?

今回の話で特に気になったのはやっぱり、遺伝子至上主義ともいえるディスティニープランをブルーコスモスの力がなくなったとはいえ、未だ遺伝子操作されたコーディネーターに対するアレルギーがあるであろうナチュラルの方々が、批准するかどうかで判断に迷うということがあるのかな?ということです。
普通の人々だってアホではないので、もしそのような遺伝子によって全てが決まるような世界になったら、遺伝子を改良されたコーディネーターに社会的に重要なポストを独占され、自分達はかつての奴隷のように生きなければならなくなる、と考えるんじゃないですかね?
にも関わらず、オーブとスカンジナビア王国しかはっきりと拒絶の意思を示していないというのは強引に過ぎるのではないかなあ。(フフ、そういえばどっちもAAに関係ある国ですね。AAの近くにいると、とたんに「世界の真実」に目覚められるようです。)

とか、見ながらちょっと作品世界のリアルについて考えていたのですが、あるシーンを見てまじめに考えることをやめました。

そう!全世界の子供達に送る「やさしいディスティニープラン」の紙芝居です。友達の龍虎獅サテラ君と一緒に視聴したのですが、龍虎獅君死ぬほど笑ってました。僕も目の前が真っ暗になりました。

えー、演出の方法としてこののようなものはあってよいとは思います。「なぜなにナデシコ」とか面白かったですね。今回の場合は子供に噛んで含めるような映像をデュランダルが流すことによって、彼の高踏的な態度、「愚かな民衆を私が導いてやろう」という意識を表現して、デュランダルの正義が間違ったものであるという印象を視聴者に与えようとしたのでしょうが、

「ハハハハハ、デュランダルってアホかも」

と、僕は思ってしまいました。
いや、あの様な映像が存在するということは僕も納得できます。「リアル」でもあるとも思います。なにせ、現実の僕達の周りにだって政府とかが発行したポスターにアニメキャラが出ていたりするご時勢ですから、未来の世界でもあのような映像が放送されることはなくはないでしょう。
でも、だからってジブリールやデュランダル出すなよ!
スタッフの方々、お遊びが過ぎます。これでは、ディスティニープランがうさん臭く見えて当然です。世界中の人々が「真実」に気づきますよ!これ見たらさあ!

もう今回の話について書く気がなくなってしまったので、種死のラストでどうなるのか、僕が気になっていることを箇条書きしてみようと思います。

・シンは死ぬのか死なないのか。いや、死んでもいいけどAAに寝返るようなことがあるのか。
・その他、種死から出始めたキャラが死ぬことはあるのか。
・デュランダル議長がディスティニープランを思いつくにいたった心理的経緯が明らかになるのか。(タリアを二人の間に子供ができなかったから他の男に奪われた、という過去が関係しているようだが、この遺伝子によって愛する人を奪われた男が、何故遺伝子至上主義者へと変貌していったのが僕はまだ理解できない)
・ほんとーに終わるのか?

何か決め台詞化してますが、この話本当にまとまるんでしょうか?もう二話しかないですよ。山のようにいるキャラクター達それぞれにちょっと見せ場を作っただけでも尺をオーバーしそうなんですが。
他にも戦いつつデュランダルの思想を(視聴者がおかしいと感じるように)論破するとか、主人公(であったはずの)シンはこの話を通じてどのように成長したのかとか、物語としてきちんと自立できるようにやらなければならないことが山盛りなんですが………。

ひょっとするとそのようなことを猛スピードで機械的に処理していくという、とんでも最終回が見れるかもしれませんね、それはそれで期待してしまう不謹慎な僕。
龍虎獅サテラと遊ぶ 映画「頭文字D」を見る
今日はオタであり(で、いいんだよね?)、ある意味で同胞である漫画家志望の男、龍虎獅サテラと映画を見に行きました!
何か最近僕、遊んでばっかしですがこんなことは僕にとってかな~り珍しいことです。いつもは一人でもんもんとアニメ見たり小説読んだりして休みを過ごすことがほとんどです。
で、今日龍虎獅君と見に行った映画とはコレです。
406323567X頭文字(イニシャル)D (1)
しげの 秀一

講談社 1995-11
売り上げランキング : 51,357

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕は原作漫画もアニメも全く見ていないので、それぞれを比較して評価するということはできませんでした。でも良い意味で言うなら非常にニュートラルな立場で、そのニュートラルな立場にいた僕はとてもこの映画楽しめました。
やっぱりこの映画の醍醐味は迫力溢れるレースシーンでしょう!
猛スピードで山奥のくねった道路を駆け下りていくマシンの映像に音楽が流れ(流石にアニメで使ったものそのものではなかったようですが)絶妙のタイミングでドライバーの射るような眼をした姿やハンドルを豪快にさばく姿がインサートされる。
コレを見ているだけで僕はワクワクドキドキものでした。かっこいい………、と思いながらゾクゾクと鳥肌が立つのを感じました。
ドラマ的にはまとまったのかまとまっていないのか、微妙な感じでしたが、それも良かったと思います。変にハッピーエンドや全ての物語の材料が消化されてしまうより、レースにはきちんとした結末をつけ、ドラマはブツンと切れるように半ばキャラクターの心を放り出して終わる、この選択は正しかったと思います。

その後は、龍虎獅君の住処へとお邪魔してしばしオタ臭い会話を楽しみました。あの漫画のここが良いとか、龍虎獅君の原稿見せてとか、あの漫画のここが駄目だとか。
そのなかで漫画「BLEACH」を取り上げて欲しい、と龍虎獅君から指名があったのでそのうち書かせてもらおうと思います。と言っても一週間から二週間ほどかかってしまうかもしれませんが。ちょっと否定的な形でのレビューになると思います。
とか、そんなことをしていると、あっちゅう間に六時になったので種死をレッツ視聴!

………………。

えー、詳しいレビューは明日書きますが(もう今日か)、一箇所龍虎獅君が爆笑し、僕も吹き出してしまったシーンがありましたね。ご覧になった方はすぐにアレだと思いいたると思いますが。まあ少なくともギャグアニメとしてはそこそこの成功といえるのではないでしょうか?(もちろん、皮肉です)

何か嫌な物を見てしまった気分にどんよりとしてしまった僕らは、お口直しにということで、僕が持ってきたDVDに入っていた「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」を再びレッツ視聴!

………………。

イイ!やっぱりコレだよ!バーニィ、格好良い!
緻密になり上げられたドラマにどっぷりと浸かって、もう何回も見ているのにまたラストシーンで泣きそうになりました(^^;。
これもそのうちレビューさせていただきます。

そんな形で今日のお遊びは終わりました。龍虎獅君とはちょっとした野望を胸に抱きあう同士なのですが、その野望についてはまた日を改めて、書こうと思います。
では、今日はこの辺で。
TVチャンピオンアキバ王選手権を見て、思ったこと二つ
二日前一般人の友達と飲んでいる最中、テレビをつけるとTVチャンピオンがアキバ王選手権というトチ狂った番組をやっていて、一般人二人、オタ一人の成分比で楽しく視聴させてもらいました。あまりにもタイムリーすぎるということで。(視聴を始めて少し経ったころ、月草さんからちょっと興奮気味のTELが入りました。確かにオタであるはずの僕達にとってもインパクト抜群でしたね、この番組。)
一般人の二人は僕に解説者としての役割を期待していたのかもしれませんが、ごめんなさい、全く務められませんでした。
濃い、必要以上に濃すぎる。しかも、あんまり僕が興味を持っていないようなところのあたりが濃いので、半分一般人視聴者のような気持ちになって楽しませてもらいました。
僕自身、アキバに行ったことは幾度もありますが大体本屋に行ったり、フィギュアの店に行ったり、時にはアダルティーなゲームソフトを売っている店に行ったりしているぐらいで、メイド喫茶なんて実のところ一回しか行ってません。
とんでもなく濃い人物に先導されて、月草さんともども、メイド喫茶初体験をした時の一回コッキリです。
なので、自分の知らない世界を垣間見られたということでオタである僕にとって非常に有意義な番組でもありました。

全体的な構成として、オタク選手権ではなく、アキバ王選手権としたところがまず面白かったです。
日々拡散を続けるオタ世界、その住人であるはずの僕もその全体像なんて全くつかめません。
今人気の主だったアニメを見て漫画を見てゲームをしてライトノベルを読んで、さらに過去の傑作とかにも手を出し始めれば時間がいくらあっても足りないし、お金だっていくらあっても足りはしないのです!しかも、それを完遂したって、そんなものはオタ世界のほんの一区画でしかないわけです。
その中でアキバを萌えに対する欲望の中心地として捉え、ある意味最もオタクが痛々しく見える、虚構と現実とが入り混じった声優とかコスプレとかフィギュアとかといったところを持ってきたのはなかなかすごいことだと思います。まあ、電車男の人気に便乗しようということだと思いますが。

えー、ちょっと前置きが長くなりましたが、ここからが本文です。そんな番組を見ている中、ちょっと思ったことが二つほどあるので書かせていただきます。酔っ払いつつ考えたことなので論理が飛躍していたりするところは勘弁してください(まあ、いつものことなんですが)。

まず一つは、この番組中のオタは何故にこれほどまでにメイドの滑降した女の子や声優に萌えられるのかな?ということです。
いや、それを別に否定したいわけでは全然ないです。僕は虚構の女の子にしか萌えられないのですが、それと虚構の女の子の記号をまとった現実の女の子に萌えられる男と、どちらが人間的に上かとか、そんなことを考えても全く無益です。どちらも痛いことは確かですが。
ただ、彼らは僕の知らない萌えるための方法を習得しているのではないかと思い、少しそれがうらやましくなったのです。
僕もコスプレした女の子を見ると、正直にカワイイなあと思いちょっと幸せな気分になれるのですが、萌えとまでは行かないんですよね。
オタである僕の自我を優しく彼女達のキャラクターで包み込んでくれる、あの萌えという感情を僕は彼女達に抱くことは残念ながらできない(残念か?)。
けれどブラウン管の中の彼らはそれをいとも簡単に行い、己の全てをなげうって情熱を萌え上がらせるだけ萌え上がらせている。
これはすごい。
どのようにして彼らが萌えているのか、その極意を知ってみたいなあ、などと一般人の友達と一緒に飲みながら思ってしまいました。

もう一つは、一般の目から見て特に奇異に写りがちなオタクの姿を出演しているオタクの方々は何のためらいもなく曝していてそれがすごいなあ、と思いました。
僕はあんまり自分がオタであること隠そうとはしていないつもりですが、それでもテレビに出てあそこまではじける勇気はとてもありません。もちろん、彼らもあの状態がデフォというわけではなく、テレビ局主催のお祭りの中だからこそあそこまで自分を曝け出すことができたのでしょうが、それでもすごいことです。尊敬に値すると思います。
自分がとても大好きで語りたいことなのに、それを語ることがどこか、「痛い」ということで隠れオタに甘んじている人は多々居ると思います。僕もそのうちの一人に入るでしょう。
そういう人たちとそのことを曝け出してしまえる彼らと、どちらが本当に「痛い」のか。目で見た限りでは彼らのほうが「痛い」でしょうが、本当に痛いのは大好きであるものに対してそんな偏見を捨てきれない自分達のほうが痛いのではないか。
そんなことを思いました、と。
友よ………。
えー、昨日アップした記事にも書いたとおり、昔からの友達であるM君とY君が我が家に一泊してゆきました。
ご飯を食べてしゃべって、酒飲んでしゃべって、テレビ見てしゃべって、桃鉄やってしゃべって、一眠りした後、カラオケに行って歌って、お二人はそれぞれの家へと帰ってゆかれました。
どーせ、オタな虚野のことだから友達二人とオタ臭のプンプンする会話を脳髄がとろけて耳からポタポタと流れ出るまでしまくったんだろうとお思いかもしれませんが、それは違うんです。
お二人はオタである虚野の真の姿を知りつつ、友達であり続けてくれる一般人の奇特な方々です(もち、ほめ言葉です)。
Y君は結構漫画を読んでいて、ところによっては僕よりも詳しかったりするんですが、オタというよりも漫画ファンという形容が正しいと思います。間違っても「萌え~」なんて言ったりしません。
M君は現役のアイシールド「22」で大学のサークルでアメフトに打ち込む、バリバリのスポーツマンです。何度も何度もふざけてスキあらば僕にタックルをかけようとするんですが、金輪際やめていただきたい。本気で怪我しますので。
この二人にオタを一匹加えたチームで朝まで遊び通したのですが、めっちゃ楽しかったです。
あーいうことをした、こーいうことをしたとあまり詳しいことはお二人の許可を取ってないし、面倒なので書きませんが、一つだけ言わしていただきたい。

本当に二人とも、ありがとう。

僕はこんな言葉を素面で書けるほど純真ではありません。なのに言葉を吐くのは、本気で感動しているからです。

いや、だってねぇ………。
彼らは不幸にも僕の部屋で特にダークオーラを放つ物品を発見してなお、このオタクの魔窟を全力疾走で逃亡しないでいてくれたのですから、感謝に値しますよ、そりゃ。
どのような物品かというと、口に出すのも文字に起こすのも躊躇われるのですが、僕の大好きな「げんしけん」の荻上さんのエロ同人ゲームソフトに付いてきた荻上さんがモデルのポストカードなんですが………。
4063646394げんしけん(6) 特装版
木尾 士目

講談社 2005-06
売り上げランキング : 2,192

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まず表紙は↑の格好の荻上さんにさらにネコミミとシッポを追加した、フルアーマー荻上さんの姿態を描いたものです。これだけでも普通の人ならドン引き間違い無しの物品です。しかし、裏側がさらにすごい!
裏側には描かれているのは、スク水を脱ぎ絆創膏のみを装着したライトアーマー荻上さんの痴態なのです!(これ以上は説明できません!ブログ全体の雰囲気を壊してしまうので。え、もう既に壊れてるって?)
これは即、絶交されても文句の言えない破壊力を持っていますよ!けれど彼らは一笑しただけで何ら実際的行動にはでませんでした。
ひょっとしたら内心ビビリまくってたのかもしれませんが、それでも愛想尽かさないでいてくれて、ありがとう!
これからも仲良くしてやってくださいね(猫なで声)。

………もしかして、僕という人間はその程度の物は平気で所持しているような駄目な子だ、と彼らは思っていたのだったりして………。
いやいや。
いやいやいやいや。
逆境ナイン 島本和彦著
今日は高校のころの友達がお昼過ぎに遊びに来るということなので、早めに記事をアップさせてもらいます。
今回は島本和彦氏の「逆境ナイン」を取り上げさせてもらおうと思います。
4091573312逆境ナイン 1 (1)
島本 和彦

小学館 2005-04
売り上げランキング : 3,103

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[READ MORE...]
かみちゅ! 第10話「ふしぎなぼうけん」感想
月草さんが面白いと言っておられた「かみちゅ!」。僕も見ようと思い、やっと今週見ることができました(もう終わり近くだよ、ゴルァ!)。
やることが遅い!遅すぎるぞ虚野!ステゴサウルス並みの反応速度だよ!愚かなり虚野!

以下の文はネタバレを含んでいるので、ご注意ください!

B0009X59MWかみちゅ! 1
舛成孝二 MAKO 森永理科

アニプレックス 2005-08-24
売り上げランキング : 186

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


えー、アニメ誌や月草さんのブログで話の枠組みは大体つかめていたので、すんなりと設定も飲み込めて楽しむことができました。
今回の話は特にそうだったのかもしれませんが、神様という過大な役割を担わされることになってしまった少女の心の揺れ動きがとても丁寧に描かれていて面白かったです。作画も背景と人物が非常によくマッチしていたと思います。
八百万の神様達も妙に砕けたところがあって面白かったです。日本の神様の集まりにコンベンションって英語使ってたり、弁天様ライブやってたり。ちょっと罰当たりっぽくないか?と思いつつも、でも結構八百万の神ってこんなものかも、と思い直したり。ギリシャの神々のように人間くさいのが本当なのかもしれないなあ、と。

ラストは転校したけれども、敬うべき神と人というラインを引いてしまい仲良くなれなかった転校先の生徒達に自分の気持ちを正直に伝え、ごめんなさいと謝り、打ち解けて今回は幕となりました。ここのところは本当に僕は胸が痛かったです。このゆりえちゃんのような素直さと勇気があの時少しでも僕にあったらなぁ………。思わず、自省させられてしまいました。

最後に思ったことを一つ。この作品今回は全体的に落ち着いたほんわかした雰囲気で作られていたのですが、結構内容は挑戦的なものを含んでいるのではないかと思いました。
いや、だってねえ。日本で、神道で、しかも現人神とくれば、どうしてもあの御方、を僕は想像してしまうのですが………。考えすぎでしょうか?まさか、もう既に作中に出てるなんてことないですよね?

まあ、そちら系の方々も可愛らしいゆりえちゃん相手に喧嘩吹っかけるようなこともないと思いますが、リスクの大きい、実際に存在する「神」を題材に作品を作り上げているスタッフのその度胸には敬服いたします。ってやっぱ考えすぎかな?
今そこにある(かもしれない)危機
今日も一日、特に何もなかったな。またアニメのレビューでも書くかな、と思いつつ帰宅すると、何やらでかい封筒が自宅のポストに。
何でがしょ?と封を開けるとそこにはものすごい重要な書類と共に一枚の通知書が。

えー、どうやら現在虚野が住んでいる物件の管理会社がまた変わったそうです。

またと書くということはつまり、二ヶ月ほど前にも管理会社変わってるんですよね(^^;
………ひょっとして虚野の住んでるこの物件、転がされてる?

うーん、ものすごい気持ちの悪さを感じつつも、どうしょうもない。何か犯罪のようなものが絡んでたりしないだろうなあ。実際にこの物件を持っている人の都合で管理会社が変わってるんだと信じたい。

この物件は虚野一人で探した、条件の割には格安な「良い」物件だったのですが、にわかに不安が胸に生まれてきました。またこの物件の最初の管理会社のオヤジさんがある意味分かりやすい虚勢張りのおっちゃんで(某有名会社の社長とは昔居た会社で同僚だったとか、億単位の取引を毎日のようにしているとか、そんなこと学生に話されても正直困ります)それも今思えば臭い。

虚野の身に降りかかったこの小さなミステリー、解答をお知りの方はぜひ教えていただきたい。
虚人たち 筒井康隆著
今日は書きべきことが特にないので、小説のレビューを上げておきます。
今日取り上げるのは、これです!
4122030595虚人たち
筒井 康隆

中央公論社 1998-02
売り上げランキング : 67,973

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

[READ MORE...]
ぱにぽにだっしゅ! 第11話「人間万事塞翁が馬」感想
で、衆院議員選挙速報の為に録りそこないそうになった「ぱにぽにだっしゅ!」の感想でっす。
4757514492ぱにぽに 7 (7)
氷川 へきる

スクウェア・エニックス 2005-06-18
売り上げランキング : 4,000

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

かわいいけど、どっかが切れてる個性豊かなキャラクター達の巻き起こすどたばたコメディをベースにパロディネタなどをテンコ盛りしてものすごい情報量で勝負している「ぱにぽに~」なんですが、僕は毎回楽しく視聴させてもらっています。
最近は楽屋落ち的な、撮影しているスタッフ達をフレームの中に収めるという(そんなもん、アニメだから存在しないのに)ネタも強調され始めていますね。スタッフの笑い声をフィルムに一緒に録音するコント番組のような様相を呈しています。
ひょっとしたら最終回あたりでは、あの学園ドラマ世界が虚構であることが暴露されて、キャラクター達が役割から解放され舞台挨拶を一人ずつしていって、幕。なんてこともあるかもしれませんね。
そういう終わり方もありだと思います。そのぐらい毎回無茶苦茶しているので。

第11話「人間万事塞翁が馬」

ドラマ的には6号さん主役で、6号さんのキャラを掘り下げる30分という感じでした。ただ少しドラマがキッチリとでき過ぎていて、いつものような壊れたところが少なかったのが寂しい。
「ぱにぽに~」においてはキッチリしているは褒め言葉にはならないんですよね。でも、まあたまにはこういう回があってもいいのかもしれない。そうしないと浮世離れしすぎちゃうしね。
あとはメソウサが遂に神様代行を果たしました。どんどん深みに落ちてゆく、かあいそうなメソウサ………。

僕的「ぱにぽにだっしゅ!」最萌えキャラ「ベホイミ」


僕としてはこのアニメ見ている理由の10パーセントぐらいは(少なっ!)は彼女の存在のためです。
現在、癒し系魔法少女の名と姿をお空に返し、地味~な眼鏡っ娘に落ち着いている彼女なんですが、それがなぜか僕の萌え急所を突きまくりなんですよね。
休み時間は黙々と読書でもしてすごす地味なおさげ髪の眼鏡っ娘少女が、時が来れば露出度の高いコスチュームに身を包み、アニメ声キンキン上げながら活動的に振舞う、っていうのがいいんですよねえ。眼鏡を取ると美少女、というクラシカルな萌えの延長上にある萌えだと思うんですが、どうでしょう?
僕としてはこれを勝手に推進して行こうと思うんですが、こういうキャラって、ベホイミ以外にはほとんど居ないんですよね(僕が知らないだけかもしれませんが)。
他の作品に出てくる「地味眼鏡っ娘変幻魔法少女」で知っているのは、あさりよしとお氏の連作短編集に出てくる三葉という子だけなんですが、出るかな?出るかな?
4063211304細腕三畳紀
あさり よしとお

講談社 2001-12
売り上げランキング : 33,387

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ほい、出た。三葉虫がテーマのギャグ作品が収められているのですが、三葉ちゃんは三葉虫をしもべのように使う魔法少女として出てきます。これもちょっとときめいてしまいました(終わってんな、オイ)。

ベホイミにはこれからもっと、もっと活躍してほしいものですねえ。

あと、こんなコーナー作ってみました。

「ぱにぽにだっしゅ!」のパロディ・黒板ギャグの元ネタを無意味に列挙するコーナー!(当然、僕が理解し元ネタが分かったものに限る)

[READ MORE...]
衆院議員選 小泉自民党大勝のこと
昨日、日本の未来を確実に左右するデカイことが全国で実施されました。いわずもなが、衆院議員選です。僕は見てのとおりオタで、しかも今回は住民票の都合で棄権してしまった身なので「スルーするというのも手かなあ」などと思ったのですが、書きたいことができたので記事を書かせていただきます。
いや今回の選挙は「面白」かったです。


以下の記事は僕の独断と偏見を多分に含みます!そのような記事に嫌悪感を覚えるような方は以下の記事は見ないでいただきたい!


やっぱり小泉総裁は選挙上手ですね。テレビをうまく使い今回の選挙の争点を郵政民営化一本に絞って、分かりやすく、「楽しめる」選挙の枠組みを作ったところがすごい。

漫画家になぞらえるなら、多少陳腐なものを孕みつつも確実に読者が受け取ってくれる血肉沸き踊る王道少年漫画を描く、ジャンプ系人気漫画家といったところでしょうか?

僕自身、他の政党の人たちの言っていることは煩雑で分かりにくくて、小泉総裁の言っていることやっていることは分かり易くて面白い、と思ってしまいました。テレビ番組での取り上げ方もそれに拍車をかける。実際、小泉さんを使ったほうが「面白い」番組が作れるんだもの、彼らとしては当然の結論でしょう。

………まあ要するに僕が何が言いたいのかというと、結局のところ選挙というのは、週間漫画雑誌同様「力」の世界だなあと、そういうことです。
パクリだろうが、全体として整合性がつかなくなろうが人気取ったもん勝ち、という感じがしてしまうんですね。
あの慇懃無礼なキャラクターで人気を博していたホリエモンこと堀江貴文氏がありきたりな政治家が良くやる、地元のイベント等に参加して笑って握手して、理ではなくてイメージで票を取るという戦術を選択したことも、その考えを強くする一因でした。
誰も難しくて高等な政治や経済の話なんて聞きたくないんです。この人なら任せられるとか、人がよさそうとか、改革の抵抗勢力に負けそうになっている応援してやろうとか、そんなものなんでしょうね。
………どうしたものかなあ。

ここらで民放各局の選挙速報の簡単な感想を列挙してみようと思います。


日本テレビ
当確情報がどんどん入っていく中で、それでも巨人戦の模様を伝え、あまつさえヒーローインタビューまでさせてしまうのは、逆に感動した!(まあチャンネル変えたけど)

TBS
リベラル色の強いNEWS23のスタッフが多く関わっていたのか、やっぱり反小泉的な演出が目立った。

フジテレビ
いくら電車男が大人気だからって、選挙速報にまで出すなよ!選挙男って………(;´Д`)。

テレビ朝日
ごめん、あんまり見てなかった。

テレビ東京
危うく「ぱにぽに だっしゅ!」録り逃しそうになりました。あぶねえ、あぶねえ(;^_^A。 (この駄目人間があ!)


今回の選挙で自民党は大勝、他はぐずぐず。これで郵政のみならず、他の事に関しても小泉総裁は剛腕を振るうことのできる環境が整ったというわけです。こうなってしまった以上、より良い政治を行ってくれるよう期待したいと思います。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第47話「ミーア」感想
えーと、とりあえず警告文、ほい。

以下の記事にはネタバレが含まれております。ご注意ください!

一度やってみたかったんですよ!ああ、すっきりした!
えー、で肝心の「ミーア」なんですが、もう今まで3話はあった総集編という名の、バンクシーンを多用し切迫したスケジュールを緩和するための非常手段でした。
今更死んだ人間の気持ちを克明に追ってどうすんだよ!と、つっこみながらも、実は結構楽しめました。
ミーアという普通の女の子の夢や葛藤や焦燥をモノローグで見せていくのですが、ミーアという女の子の好感度が僕の中で急上昇した回でした。
でも、ま、死んじゃったんだけどね。
できれば、生きているころにこういう可愛いところを見せてほしかった………。
ご冥福をお祈りいたします。
B000B64F1Iエクセレントモデル RAHDX機動戦士ガンダムSEED DESTINY・2 ミーア・キャンベル

メガハウス
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

後半半分では、新作カットでデュランダル議長がついにデスティニープランを全世界に向けてぶち上げて今回は幕となりました。荘厳な音楽と共に演説するデュランダルは、やっぱりシャアって感じで格好良かったです、と。

ラストまであと3話、どうなるのかな。まとまるのかな。不安が胸をよぎります。
SEED DESTINYについて今の僕の気持ち
えー今日、機動戦士ガンダムSEEDDESTINY(以下種死)47話「ミーア」があったのですが、その感想を書く前に今現在僕の中で種死がどのような形で収まっているのかを冷静に(ここ重要)書き連ねてみようと思います。

SEED(以下種)の続編が放送されると知った一年ちょい前、正直僕は「やめてほしいなあ………」と陰鬱な気分になりながら思いました。種に対して僕は不満がすっごいあったんですね。一々不満のあった点を並べていくことは不毛なので、ここではしません。ただ、ナチュラル、コーディネーター両陣営に混在する「良い」人間を集めたラクス派と、人類を戦争へと、絶望へと駆り立てていく一握りの気のふれた指導者(ブルーコスモスの盟主アズラエルやプラント議長パトリック=ザラ、ラウ=ゼ=クルーゼのことです)という枠組みで物語を終わらせてしまったことには今でも違和感があります。
その続編を同じスタッフでやる。
陰鬱な気分の後、僕の心を支配したのは「どうにでもなれ」という投げやりな感情でした。

「でも、ま、とりあえず一回目ぐらいは見てみようか。」

そんな期待感ゼロの状況で迎えた種死の一回目、正直に申します、今となっては恥ずかしいのですが、「これはスゴイ」と掛け値なしに思ってしまいました。
最初のシーンは、オノゴロ島でドンパチをしているフリーダムとカラミティ(だったよね?)。その足元で逃げ惑う一つの家族。林の中を駆け抜ける中で女の子が携帯電話を落としてしまう、それを取りに一人離れるその女の子の兄と思しき少年。少年が目的のものを拾い上げ、戻ろうしたその瞬間。二機の強烈な破壊力を持つモビルスーツの戦いの余波が、少年の大切なものすべてをいっぺんに吹き飛ばしてしまう………。家族の残骸を目の当たりにして少年の絶叫が戦場に木魂する。

くーっ!たまらん。前作で正義の象徴として扱われていたフリーダムが何の罪もない一つの家族を、一人の少年の運命をめちゃくちゃにしてしまっていた!
インタビューでも種死は種のアンチテーゼ的な作品になると監督が答えていたし、これは二つの正義がぶつかり合う、勧善懲悪ものではないガンダムをやると、そういう宣言だと受け取らせてもらっていいんですね!
デュランダル議長っていう、前作のラストを貫くにいたったウズミの思想、ラクスの思想の真逆を主張する男もでてきたし、これは期待できるかも!
種死がそういう作品であるのなら僕は、前作の種すら肯定して見ることができるようになるかも!

そんな過剰なまでに期待で膨らんだ僕の心。エピソードを重ねるたびに、小さくしぼんでいきました………。

あれ?このシンって言うのが主人公じゃないの?何でこんなにアスランが前に出てくるの?
まあ、いいや、アスラン前作で結構情けなかったからな。彼なりの正義、彼なりの戦う意味、それを己だけで模索しているみたいだし。頑張って一人前の男になってほしい。
アレ?ひょっとしてわざわざザフトに出戻ったのに、またアークエンジェルに戻っちゃうの?いやいやいや、そんなことないようなあ(笑)
あれ?
アレ?
あれ?
アレ?

っと言う間に僕の心には失望と怒りが山盛りに………。
何が嫌なのか、どうして嫌なのか、これもいっぱいありますが、詳述はしません。書いていると気分が鬱になってくるので。
ラストまで「ミーア」を入れてあと4話。とっちらかってしまった感の否めない種死の最後をどうまとめるのか。固唾を呑むかどうかは分かりませんが、まあ見守っていこうと思います。

もう今日は疲れてしまったので、今日放送した「ミーア」は明日、感想を書くということで。では。
これから書いていくであろうレビューについて
という訳で、一本目のレビュー「超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~」をアップさせていただきました!
こんな感じで当ブログは、僕が大好きで「語りたい!」と思っていることを「自分勝手に」レビューしていくのが主目的です(だからタイトルの下にそう書いてあるんです)。
何故このようなことを思い立ったかというと、自分の好きな作品というのは結構一杯あるのですが、レンタルで済ませたり、友達から借りてというのが、ほとんどなんですよね(貧乏なもので)。
だから、ブログ上だけでもそんな「自分の好きなモノ」を並べることができたら、それだけで気持ちいいだろう!まあそういうことです。
ただ、自己満足に走りすぎるのもどうかということで、その作品を未見の方達への紹介という形でレビューを書いていきたいと思います。多少ネタバレも含むかと思いますが、これを知ったら作品の面白さが半減する!というようなものにはきちんと警告文を載せようと思います。
僕の脳のデータの限り、ちょっとしたトリビア的なものも書けたら書きます(ちょっと弱気)。

その中で、初歩的なデータの誤りや見当違いの指摘等々、色々やらかしてしまうと思うので何かありましたらズビズバつっこんでやってください。その他のコメントも、もちろん大歓迎です。

今はまっっているアニメや漫画などももちろんレビューしていきます。現在進行形のオタクですゆえ。
アニメレビュー 超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~
栄えある我がブログ最初のアニメレビューは、現在「創生のアクエリオン」を絶賛放送中の河森正治氏の初監督映画作品、「超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~」です!
B00005EDM2超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~
スタジオぬえ 河森正治 長谷有洋

バンダイビジュアル 1999-08-25
売り上げランキング : 1,312

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今さらマクロスかよ!と、そんなつっこみが聞こえてきますが、そんな声はツラっとスルーさせていただきます(^^;。
いや正直僕も、一発目マクロスってどうなのよ?などと思いましたが、最初にこれをやってしまえば後は何を書いても違和感は出ないだろうし、僕自身大好きだし、何よりこいつを一発目にやる特別な理由がある!と判断を下し、マクロスを最初にもって来ました!

[READ MORE...]
リンク追加のこと
ブログ始めてからまだ一日しかたってないんですが、早速リンクを貼っていただきました。ありがとうございます!

☆武士さんのブログ
☆武士の不定期雑記
http://d.hatena.ne.jp/hoshi_bushi/

月草さんのブログ
月草日記~男もすなるblogといふもの
http://d.hatena.ne.jp/tsukikusa/

の二つです!

実のところ、このブログはお二人がブログを始めたのに虚野が触発されて作ったものです(安易ですね)。
僕のことは安易の一言で斬っちゃっていいんですが、お二人のブログは本当に面白いっすよ。
まあ、例によってお二人とも濃い口のオタクネタが満載なんですが、時事ネタその他の様々な物事にも分析を加えていたりして、為になることも書いてあったり。

ぜひ一度ご覧になっていただきたい!
左にもリンクが貼ってあるのでそちらからもどうぞ。
今現在僕の胸をもっとも萌え上がらせるキャラ 「げんしけん」の荻上
えー、当ブログ最初のきちんとした記事は僕の今萌えているキャラについてです。こんな痛い滑り出しでいいのかとも思ったんですが、ウィークポイントをまずさらしておいた方が後々楽だな、ということでゴーサインを出しました。
で、その今僕の胸でもっとも萌え上がっているキャラクターなんですが、それは「げんしけん」の荻上さんです!
これです
4063211703げんしけん 6 (6)
木尾 士目

講談社 2005-06-23
売り上げランキング : 972

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

さらにも一つ
4063646394げんしけん(6) 特装版
木尾 士目

講談社 2005-06
売り上げランキング : 1,420

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フフ、講談社さん狙いすぎだよ!って感じですね。荻上さんの魅力で強引に押し切っていくパワーを放射しているカバーですね。くじアンの制服のコスプレとスク水、さらにオプションとして眼鏡を装備、どう考えても売れないわけがない。カチカチの鉄板です。荻上さんの表情も戸惑っているような、恥らっているような、嫌がっているような微妙な表情でナイスです。
荻上さんの魅力はコスプレ魔の大野さんほど割り切っていないためにまだ存在するオタクであることへの恥じらいとその気持ちの裏返しであるオタクに対する攻撃性と頑なさですね。こいつらが数々の強烈な萌えを僕の胸の中に喚起してきたわけです。腐女子丸出しの同人誌を買いあさっているのがばれて逃亡したり。過激なコスを着ているところを笹原君に見られて顔を真っ赤にしたり。ハフウ………。(回想中)

ハ!ちょっと飛んどりました。申し訳ない。
つーわけで、腐女子であっても萌えキャラ足りうるのだと証明して見せた荻上さんは偉大なんですよ!牛乳瓶の底ような眼鏡をかけた腐女子ルックの荻上さんも最高!眉間にしわがよってて、目つきが悪いところも最高!!淡白そうな顔つきで実際は頭の中やおいとかBLとかでいっぱいになっていてそれを自分で恥ずかしがっているところ最高!!!
はぁはぁはぁ、ちょいと疲れました。少し冷静になってみます。

んで、冷静になってみるとやっぱり荻上さんは今まで僕が萌え上がったキャラクター達の系譜上にいるキャラだなあと思います。
ガンパレード・マーチの芝村舞とかね。
目つき悪くてつっけんどんな対応をとって、けれど少女の部分を隠し持っているというのに僕は弱いみたいです。僕がその君の弱いところを守ってあげるよ!てな感じで萌えるんでしょうね。
さかのぼって考えると僕の萌えの原体験ともいえる「あしたのジョー」の白木葉子もそのように萌えていたみたいですね。なんという進歩のない………。
………いやあ、自分の萌えを分析するとやっぱり萎えますね。自分の好きな属性は何なのかとか考え始めるのも興ざめです。今俺にはこのキャラしか見えない!っていうのが一番幸せかもしれないね。うん………。(意気消沈)

でもやっぱ荻上萌えー!(瞬間沸騰)。これからしばらくは(あるいは最終回まで)荻上さんと笹原君のいい感じにぬるいラブコメ展開が続くようです。毎月毎月楽しみがあるというのは素晴らしいことだなぁ。
己の名前について
えー、僕の「虚野 仁」という名なんですが(一応『うつろの じん』と読みます)、僕の尊敬する作家、筒井康隆氏の長編小説「虚人たち」と「文学部唯野教授」からいただきました。(文学部唯野教授の主人公は唯野 仁といいいます)それだけのちょっと格好いい名前なんですが、もう一つ秘密があります。それは「虚野 仁」と何度も連呼すると分かります。
「うつろのじん」「うつろのじん」「うつろのじん」「うつろのじん」「うすろのじん」「うすのろじん」

「うすのろじん」(ちと無理があるかな?)

ということでブログを立てると宣言しながら実際に立てるまで数日もかかってしまう僕という人間の本質を突いた趣深いネーミングなわけです。この愚鈍さこそ僕という人間の真骨頂です。以上。

ブログ開設いたしました!
ども、当ブログの主「虚野 仁」です。東京の辺に住んでる、ちょっと痛々しいオタクです。以後お見知りおきを。友達の何人かが少し前にブログを立ち上げまして、それに触発されて「俺もやってみよう!」ということで今このブログはここにあります。

このブログでは自分が好きなアニメや漫画、小説などのレビューをアップしていくことをメインにやっていこうと思っています。なぜならただの日記的なものだと、きっと、きぃっと!三日坊主という名の人生の汚点を増やしてしまうことになると思うので。今までそれで散々日記帳を無駄にしてきましたからねえ………。
「好きこそ物の上手なれ」
自分の好きなことを書いていくならきっと続くだろう。そうゆうことです。
あともう一つやりたいことがあります。現在ラストへとずんどこ突き進んでいる、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY(以下種死)」の最期を看取ることです。結構ロボ好きーなので種死も最初から先週の46話まできっちり見ているんですが、はっきり言って「面白い!」と肯定できないです、僕は。はっきり言って「なんじゃこりゃあ!」と思うことが多々あります。実のところ、同じスタッフが作った前作「機動戦士ガンダムSEED」でも僕は終盤に入るあたりでキレた様な状態になり、某ニュータイプに批判のメールなんぞを送ってしまいました。今もその時とちょっと似たような状態になりかけてます。
これはまずい。
そんな訳でこのブログに感想や自分なりの考えを書くことによってその不満や胸につかえているものをスッキリと解消してやろうと、そんな風に思っております。もちろん、面白いことは面白いと評価いたします。ただただ怒り狂うような記事にはしないように気をつけますっと。

この二つ「様々な自分のお気に入りの作品のレビューをアップすること」「種死の最後を看取ること」が当面のこのブログの目標ということになりますかね。よろしくお願いします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。