虚人のつぶやき
アニメ・漫画・小説などのレビューを中心に自分の好きなものを自分勝手に熱く「語る」ブログ。
プロフィール

虚野 仁

Author:虚野 仁
虚構のことで人生がいっぱいいっぱいな人。「現実」に帰るのはいつの日なのだろう。
上の自画像は暫定版なので、変更ありです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



おすすめ品

レビューで取り上げたものとか単に好きなものとか適当に並べてあります。

げんしけん (9) 限定版

げんしけん (9) 限定版

げんしけん 8 (8)

げんしけん 8 (8)

げんしけん 7 (7)

げんしけん 7 (7)

げんしけん 6 (6)

げんしけん 6 (6)

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

虚人たち

虚人たち

終戦のローレライ 上

終戦のローレライ 上

おジャ魔女どれみ(1)

おジャ魔女どれみ(1)

宝石泥棒

宝石泥棒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏見た映画の感想「サマーウォーズ」
夏に見た映画の感想をば、忘れないうちに書いておこうと思います。
まずは、細田守監督の新作「サマーウォーズ」について。


「サマーウォーズ」公式ホームページには、満足度96パーセントとか宣伝文句が連ねてあるんですが、僕は完全に残りの4パーセントの方に入ってしまいました。楽しめなかったことは本当に残念で、見終わった後、自分でも驚愕するほど落胆しているのを自覚しました。なので以降の文章は「サマーウォーズ」に対して批判的な文章になります。
んー、カズマ君という可愛い男の娘がいたのはよかったんですがね………、本当にそれぐらいでした僕が満足できたのは………。


何でこんなに楽しめなかったのかその理由を、できる限り冷静に書いておこうと思います。


猛烈なネタバレありです。というか未見の人には意味分かりません。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:サマーウォーズ - ジャンル:アニメ・コミック

気づくとロボットアニメばかり見ているような気がする………
ということで、昨日、我が家にエヴァンゲリヲンのDVDが届きやした。いやー、よいですね。ビル&重機最高!綾波最高!正直エヴァぐらいメジャーなアニメだったら何処のレンタルビデオ店でも入れるだろうし「観たいとき借りる」が、お金かからなくていいかもなあ、とか悩んでいたんですが買って正解ですよ。………まあ、いまだ止められていないパチンコが今月は結構プラスだったのが、購入を決める最後の一押しでしたが。もちろん、台はエヴァのヤツですが。予算をきちんと決めてから打つ様にしてから多少パチンコ成績は上向いてきました。………まあ、これで調子に乗るとまた、痛い目にあうので程々にしておきます。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版
三石琴乃 林原めぐみ 立木文彦

キングレコード 2008-04-25
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



バイト、読書、駄文書き、パチンコで、ブログの記事を書くのをすっかり忘れていましたが、きちんと引越しのことは書きます。愚痴りたいこと、一杯あるし。………次の記事でね。



えーと、僕の今期注目のアニメは「マクロスF」と「コードギアスR2」ですね。どちらもいわゆるロボットアニメですが。

「マクロスF」は恐らくは意識的に最初の「超時空要塞マクロス」のイメージをなぞっているような気がします。アイドルになるであろう女の子が中華料理店でバイトしていたり、その子が空中に投げ出され、それを主人公がキャッチしたり、マクロス内の居住区域から隔離されたところに閉じ込められるとか、ね。そう考えると「マクロスF」はテレビ版のマクロス一のアイドルの座に少しずつ上っていくリン=ミンメイであるところのランカと、劇場版の既に不動の評価を得ているリン=ミンメイであるところのシェリルという、二人のリン=ミンメイをヒロインに据えた作品なのかも………とか益体もないことを考える。まだ、エンジンがかかりきっていないような気が僕はする、ので今後に期待してます。
マクロスF(フロンティア) 1マクロスF(フロンティア) 1
中村悠一 遠藤 綾 中島 愛

バンダイビジュアル 2008-07-25
売り上げランキング : 136

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「コードギアスR2」は最初からバリバリ飛ばしてますね。前作からの伏線がまだまだ消化されずに一杯残ってますからねえ、その上新キャラ登場とかで目が離せないッスよ。分かりやすい圧政者の新総督(名前覚える前死んでしもうた)を緻密な戦略で陥れ、天誅を下すルル君=ゼロ、こういう勧善懲悪的な構図って言うのはやっぱり気持ちよいものです。………もちろん前作のラストあたりでゼロのやったことは気持ちよいでは全く済まない事でしたが。しかし、カレンお嬢さんとゼロ=ルル君の関係も何だか良い感じになりましたね。素直になれない女の子ってかわゆいです。きっと、僕らの童貞仮面ルル君は、バニーガール姿のカレン嬢の怪しからん胸を見て、本心では、ゼロマンセーのうちにものすげーエロいことしとくんだったって後悔しているに違いないですよ。おそらくは。
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01
福山 潤 水島大宙 櫻井孝宏

バンダイビジュアル 2008-08-22
売り上げランキング : 45

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




どーでもよいことですが、僕はおっぱいはあってもなくても良いです。二次元なら。本当にどーでもよいことですが。………そんなわけで、僕は今月のお給料で怪しからん巨乳を書かせたら天下一という感じのDISTANCE氏の新しい単行本を買います!最近のDISTANCE氏は、よく言えば灰汁が抜けて、悪く言えば牙を抜かれてしまって、ちょっと残念な気もしますが、でも僕はやっぱり大好きです!もうしばらくは、おいしい「おかず」として特化した漫画を書いてもらいたい!
………………最近にわかにエロ漫画のことを書くようになりましたが、それはこれが僕の地だから、というのともう一つ、きちんと好きなものは好きと言っておかないといけないような気がするから、という理由もあったりします。本当ですよ。いや、マジで。
最近、また、色々イヤーな動きがあるみたいだしねえ………。こういう動きに抵抗するとき、必ず表現の自由とかそういう話になるけど、もっと簡潔に好きだから止めたくない、止めて欲しくない、じゃ駄目なのかなあと、思うことがよくある。………きっとそういっても聞かないんだろうなあ。男のオチンチンから発せられる欲動を悪だとしか思っていないような人たちには。でも、そんなことを言う人たちよりも僕はその論理に従うなら罪はないはず。二次元以外でのHな本とか全然持ってないし、もちろん風俗なんていったこと無いし。少なくともその論理で言うところの「被害者」は一切出していない!これは胸を張っていえる!………って、そんなこと言ってもキモがられるだけなんだろなー………。

ただ、もう少し吼えさせてもらえば、もしも、チョイ前に改正案がまとまった児ポ法に例の条項が加わっていたなら、その法律施行後、俺はそれを推進していた人物の自宅、もしくは近親の家に乗り込み、息子のエロ本を探すママンのパラノイア的な執着力で持って家中を大捜索し、その家の住人に実刑を食らわせてやろうとかなり本気で考えていた。無論俺も、不法侵入とか器物破損とかもろもろの罪で捕まるだろうが、死なばもろともじゃ!まあ、結局、盛り込まれなくて済んだから良かったけれど。………この言葉下手すると恫喝したみたいなことになるのかなあ………もちろん、冗談ですよ、とフォローしておいて見る。
こういうことを言う人たちって、本当に犯罪被害者のことを考えているのだろうか?単に自分達にとって目障りなものを、その目障りなものを嗜好する人間が起こした犯罪をダシにして葬ろうとしているようにしか僕には思えない。それって、何よりもその犯罪の被害者を冒涜する行為であるような気が僕はするのだが………。何かの表現が正常な人間に犯罪を犯させるなんてこと、ないよ………。
美~ちく (メガストアコミックスシリーズ No. 166)美~ちく (メガストアコミックスシリーズ No. 166)
DISTANCE

コアマガジン 2008-04-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



なんだか、久々に書いたらまた無茶苦茶な文章になってしまった。最後はロボットネタで。スーパーロボット大戦の新しいのが出るらしいので今から楽しみデス。オリジナルジェネレーションはちょっと付いていけなかったので。アクエリオンの無限拳をモビルスーツとかにぶちかましたりするのが今から楽しみです。

テーマ:漫画の感想その2 - ジャンル:アニメ・コミック

コードギアス 反逆のルルーシュ 第1話「魔神が生まれた日」感想
と、いう訳でコードギアスの感想第1話分アップいたします!………ていうか、もうこの段階で2話目放送されちまったし、色々あったとはいえまたこの様。えー、いつもなら僕のせいでございます、申し訳ない、とぐちぐちぐちぐちくだらない言い訳を並べ立てるのですが、今回は僕のせいではありません!ずぇんぶ!
ずぇぇぇんぶ!竹田Pが悪いんだーーーーーーーーーーーっ!
竹田Pの糞野郎が一アニメプロデューサーの分際で政治的発言にご熱心で、方々でたとえ真実ではなかろうと仮定しても誤解を招きまくるようなことを、ブチャブチャブチャブチャ!下呂みたいに吐き散らして回りやがるからこんなことになったんだ!俺が大好きな谷口悟朗監督作品に泥塗るような真似し腐りやがってこんガキャ!反戦?平和とはナンなのか?そんなもんの答えがてめえがプロデュースしたガンダムSEEDにあったとでもいうんかい!無印種はまだしも、種死なんて最終的なメッセージが「暴力は使いよう」だったじゃねえか!そんな理屈で世の中平和になんてなるもんかい!今のご時勢テロリストだって平和のために暴力を使うんだって理屈で動いてんだろうが!アニメに己の思想を入れるな云々の前に、お前アニメファンなめてんだろ!!………………なんて個人攻撃は無益なのでよすとして(卑怯だな、俺って)このブログが遅れたのはただおいらの怠慢のせいでございますでございます。


えーととりあえず毎回つけようと決めた「コードギアス」の感想は竹田Pという存在・プロパガンダアニメという疑惑は無視して書き綴っていこうと思います。もちろんアニメ作品としての批判は織り交ぜつつ。竹田Pの影響を思わせるような表現もそれが作品が真摯に描こうとしているものと合致するものなら肯定すらするつもりです。あ、今突如として竹田Pを最大限肯定する理屈が思いつきました。ある種の政治的思想を含まざるおえないものを描こうとするとき、例えばそれのプロデューサーが常識的にみてエンターテイメントであるもの以外のアイディアを却下するような人である場合それは創作不可能ですが、戦争だの平和だのをある種のバランス感覚なしに語るようなメンタリティの持ち主がプロデューサーである場合、さらに上からの圧力を防いでくれる防波堤としてある程度機能してくれるかもしれず、そのような役割が実は竹田Pにはあるのかもしれん。………………と、思ったんですがNewTypeのインタビューを見る限りでは監督さん脚本家さんはまずエンターテイメントを作りたいんだと発言しているんですよね。んーと、えーと、ごめん、やっぱり駄目ですわ、この理屈。


とにかく1話感想!


警告
以下の文章にはコードギアス 反逆のルルーシュ 第1話「魔神が生まれた日」のネタばれが含まれております。まだ見ていない人は回避お願いします。

[READ MORE...]

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

今月のNewtypeにてエヴァンゲリオンの新劇場版上映決定とのこと
………いやあ、今更エヴァの新作製作中って言ってもねえ。何でこのタイミングなの?五年前くらいならいざ知らず、もうエヴァ熱も何とか冷めてきて、ポストエヴァとでもいえるエヴァを意識した作品も少なくなってきた今、なんでまたエヴァをやるんだろうか、僕にはわからない。「トップをねらえ2!」やってすぐさま「エヴァ」ですか、よっぽど新しい企画がないのかなあ………。ん、「天元突破グレンラガン」があるじゃないかって?でもあれ放映時期も定かじゃないじゃない。「過去の遺産」で食っているって悪口を回避したいために意図的にエヴァより早く情報出したんじゃないの。僕はエヴァ好きだし、ラストの内省的でほとんどドラマになってない映像があったからこそエヴァは伝説になったんだと思うけど、あのいい感じのイカレ具合を今の庵野監督が出せるの?無理じゃないのかなあ。劇場行っても、僕らの中でもう精神の一部にまでなったエヴァという「思い出」を汚される結果になるだけじゃねえの!



………ええと、あえてネガティブなことばっか最初に書いてみますた。けど、はっきり言ってぜーんぶです。僕は「新エヴァ」(とりあえず僕のブログではこれで統一します。いい感じの呼び名が決まったらそう呼ばせてもらいますが)すっげーーーーーーーーーーー楽しみです。最初に悪口書いたのは浮き足立つ己を戒めるためです。いいじゃないですか、続編というか新作作ったって。世の中にはオリジナルの制作陣を一掃しての続編とかいうものがまかり通っていたりするんですから。旧エヴァとほぼ同じ制作陣で、しかも一時のエヴァ熱に乗っての新作ではなく10年を経てほとぼりが冷めてからの新作というところに僕は作り手の良心すら感じます。

☆武士君のブログで(そんなにネットで情報仕入れるのうまくないんですよね、僕)Newtype発売前に情報は入っていました。けれど一応はNewtypeの記事を読んでからブログに書こうと思っていたんですが、基本的にはネットに流れている情報とほとんど同じでした。残念。ソースがNewtypeなんだから当然といえば当然ですが。

とりあえず、「期待します!」ぐらいしかいうこともないんですが、やっぱりどうしても根拠の薄い妄想は広がりますね。新エヴァは旧エヴァと対立するような作品にするらしい。すると、やっぱりまずゲーム「スーパーロボット大戦」で描かれたような「戦う」ことを決断し主体的に振舞うシンジ君が頭に浮かびます。でも、それって上手く描かないと旧エヴァの単なる否定にしかならないような気もします。できれば旧エヴァで描かれたことを包括し新たなものへと昇華してくれるような内容だと僕は嬉しいのですが。まあこの時点でどんな判断をしても間違うこと請け合いですね。新しい情報が入ってくるのを、2007年初夏に上映されるだろう新エヴァ前編をまったりと待たせてもらおうと思います。
劇場版 NEON GENESIS EVANGELION - DEATH (TRUE) 2 : Air / まごころを君に劇場版 NEON GENESIS EVANGELION - DEATH (TRUE) 2 : Air / まごころを君に
GAINAX 庵野秀明 緒方恵美

キングレコード 2003-11-27
売り上げランキング : 583

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ:新世紀エヴァンゲリオン - ジャンル:アニメ・コミック

今月のNewType
えーと、今現在オタク界で一番の話題といえば有明で行われている夏コミだと思うんですが、今回は僕は行けそうにないのでかなり地味ですが今月のNewTypeについて書こうと思います。これから始まるアニメに対する期待表明ともう一つ書きたいことがあるんですが………これはまあ後で、ということで。


一つ目は前々から楽しみだといっている「コードギアス 反逆のルルーシュ」です。超大国に植民地化された日本を奪還するためにテロリストの道を選んだ少年と目的を同じくしながら合法的に超大国内でのし上がることによってそれを果たそうとしている少年との相克を描くらしいこの作品。種や種死では不発に終わった二つの正義のぶつかり合いを僕はこの作品に望んでおります。


もう一つは迷作「ぱにぽに だっしゅ!」を作ったスタッフによる「ネギま!?」ですね。僕は単純に楽しみなのですが、原作ファン、特にいわゆる原作原理主義者などといわれる人たちにとっては不安この上ない心境なのかもしれませんね。さりげなく題名にプラスされている?マーク(ぱにぽにもだっしゅが追加されてますしね)、NewTypeの記事に書いてある「オリジナル色の強い内容」の言葉、さらに止めをさすのが「チュパカブラがキーワード」との文章。盟友の龍虎獅サテラの指摘によればエヴァンジェリンの話を軸に展開するのではとのことだったのですが(エヴァンジェリンのエピソードの中にチュパカブラがネタとして出ていたらしい故の予想らしいのですが、そんなの憶えてねーよ!一応単行本全部読ませてもらったけど)僕は素直にチュパカブラが出てくるんじゃないかと思っているんですが、どうでしょう?こういう無茶なことやりかねないスタッフだと思うんですが。僕はどちらかというと監督の新房昭之監督のファンなので(それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコとか、てなもんやボイジャーズとか好きなんですよね。もちぱにぽにだっしゅ!も)それでオーケーなんですが、どうなんですかね原作ファンの人は。このブログの数少ないリンク先の月草日記の月草氏とか、そのうちこのアニメについて記事とか書いてくれると思うのでちょいと期待しておきますです。



で、実はこれが本題なんですが、えー、僕のブログでこの前かなり手厳しい「ゲド戦記」批判を行ったのですが、それについて有力な援護射撃になる記事がNewType内にあったので紹介しておきます。


基本的に僕は自分の感覚をいつも疑っているので「ゲド」批判を書いた後も「ひょっとしたらまた俺は間違っているのじゃないか?」「間違っていたら面白いアニメを猛烈な勢いでけなしてしまったことになって、それは許されざる罪だぞ!」とちょい悶々としていたのですが、この記事のおかげで安心して枕をたかーくして眠ることができるようになりました。


それは僕が毎月ちょいとした楽しみにしているNewType内のアニメ評論家さんが書いているページ「アニメの門」のことなんですが、前号でハルヒを次は取り扱うといっておきながら、それを撤回してまで「ゲド」の批判に貴重な紙面を割いているんですよね。その内容の手厳しいこと手厳しいこと。僕の文章と同等あるいはそれ以上の厳しさでゲドを批判しています。また僕みたく「駄作だ」「失敗だ」といった平面的な言葉を使わずに批判しているので実にためになるページになっていると思います。曰く「この映画は『何も描いていない』」曰く「縮小再生産」曰く「空虚な怪作だ」。まあこういう言葉だけ抜き出してくれば激烈に響くものですが、きちんとした文脈をもって批判する記事その物を読めばもっと「ゲド」がどれだけひどいのかということをはっきりと理解してもらえると思います。


まあ批判はこの辺にしておこうと思います。見苦しいですからね………………とりあえずは。そのうち数字で「ゲド」の評価が出てくると予想されるので、その度に野次馬根性丸出しで嘲笑してやろうと思います。亀田興毅対ランダエタ戦の後のごたごたではっきりしたように我が日本の皆さんは良識をもっていると思うので、どんなにでかい広告を打っても駄目なものは駄目だと評価してくれることでしょう。実際「時をかける少女」はCMとか最小限だったのに口コミとかいうやつでここまでのヒットになってくれましたし。


………………………ここまで書いておきながら、予想を反して「ゲド」の興行収益がうなぎ上りになって、DVDもバカスカ売れたらどうしよう………………。そしたらもうブログにアニメの記事書くのやめようかな、というかブログ自体やめるかな。うーんと、冗談すよ、冗談。本当に。

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。